ユーザビリティとは

製品の使い勝手は、「ユーティリティ」と「ユーザビリティ」の二つの側面から構成されています。ユーティリティは、機能、性能のことであり、使い手にとって製品のプラス面がどれだけ高いかをあらわす言葉と定義できます。一方ユーザビリティは、使いにくさ、わかりにくさ、などマイナス面がどれだけ小さいかをあらわす言葉と定義できます。

これまでの新製品開発は、一般的にいかに高いユーティリティを持つかに多くの力が注がれてきました。その競争の結果、ユーティリティは非常に高いが、その機能、性能を使えない、使い切れない製品があふれることとなっているのです。そこで今、ユーティリティの高さとともに、高いユーザビリティを持つ製品が求められるような時代が来ています。

ここでは、ユーザビリティとは現在どのように考えられているのか、また、ユーザビリティを取り巻く現状はどのようになっているのかということについてご紹介します。

ユーザビリティの定義

様々なユーザビリティの定義をご紹介します。

ユーザビリティの評価手法

ユーザーテスト(ユーザビリティテスト)やエキスパートレビュー(ヒューリスティック評価)など、ユーザビリティを評価するための代表的な手法をご紹介します。

ユーザビリティの関連規格

ユーザビリティに関する規格をご紹介します。