用語集(原語-訳語対応表)

新しく追加された用語をご確認の際は、表頭の「公開日」(その用語が含まれたコラム原文の公開日)のところを2回クリックしてオリジナル記事公開日の新しい順に並び替えると便利です。原語のアルファベット順に戻すには、表頭の「原語」を2回クリックします。

原語 訳語 備考 公開日 タイトル
above the fold / below the fold ファーストビュー内 / ファーストビューより下 「ファーストビュー」とは、ページ読み込み後、スクロールダウンしなくても見える範囲のこと。”the fold”は、新聞の折り目を指す。 2012/09/24 Homepage Design Changes
accomplish 達成する 2009/08/17 Customization of UIs and Products
action 行動 2009/10/28 Powers of 10: Time Scales in User Experience
(give) additional … …がさらに(得られる) 2017/06/25 Wizards: Definition and Design Recommendations
attentional resources 注意力 “spend attentional resources”で「注意力を注ぐ」 2017/06/25 Wizards: Definition and Design Recommendations
behavior 振る舞い、行動 コンピュータが主語の場合は「振る舞い」。人間が主語の場合など、「行動」のほうがよりしっくりくる場合にはそうする。 2009/08/17 Customization of UIs and Products
call-to-action call-to-action このページでいうと、右上にある「調査のお問い合わせ」ボタンのような、ユーザーの行動を喚起させるものをいう。訳さずそのままでよい。略して「CTA」ともいう。 2016/11/6 Cards: UI-Component Definition
carousel カルーセル 項目のリストを横一列などに配置し、画像のサムネイルを左右にスクロールして見られるようにしたUIデザイン要素。メリーゴーランド状であることからこう呼ばれる(参考 2012/12/19 Kindle Fire HD: Much Better Than Original Kindle Fire
case study ケーススタディ
click through クリックする 「クリックスルーする」だと語感がよくなく、また、「クリックスルー」という言葉が日本では一般的でないため。文脈によっては「クリックして遷移する」と訳すことも検討する。 2013/11/10 Flat vs. Deep Website Hierarchies
closed (environment) 閉じた(環境) 2012/02/13 Mobile Sites vs. Apps
cognitive load 認知負荷 2009/08/24 Card Sorting: Pushing Users Beyond Terminology Matches
completion rate 達成率 2009/08/17 Customization of UIs and Products
content-management system コンテンツマネジメントシステム 主にWeb上のページなどを管理するソフトウェア群を指す。訳はカタカナにするだけでよい。略して「CMS」ともいう。 2016/10/30 Top 10 Enduring Web-Design Mistakes
context of use 利用の状況 JISによるユーザビリティの定義に用いられている用語。
critical incident method クリティカルインシデント法 ISO/TR 16982:2002で紹介されている12種類のユーザビリティ評価手法の1つ。 2010/09/05 Interviewing Users
deck of cards デッキ・オブ・カード 「デッキ」だけだと意味が伝わりにくい。なお、Appleでは、“page-based navigation”と呼んでいて、“deck of cards”というのはNN/g独自の表現の模様。 2015/05/17 The Apple Watch
desktop デスクトップ
direct manipulation 直接操作 2009/10/28 Powers of 10: Time Scales in User Experience
easily 容易に 「簡単に」とすると”simply”と誤解される恐れがある。 2009/10/28 Powers of 10: Time Scales in User Experience
effectiveness 有効さ JISによるユーザビリティの定義に用いられている用語。
efficiency 効率 JISおよびヤコブ・ニールセンによるによるユーザビリティの定義に用いられている用語。
engagement エンゲージメント 商品、コンテンツ、ブランド、企業などに対する深い関係性や、それらに対する積極的な関与・行動。日本語では「愛着」「きずな」などと訳されることもあるが、いずれも定着していない。”customer engagement”(顧客エンゲージメント)や”employee engagement”(従業員エンゲージメント)がある(参考: Marketing Voice@IT情報マネジメント日経ITpro)。 2012/01/03 10 Best Intranets of 2012
error エラー ヤコブ・ニールセンによるユーザビリティの定義に用いられている用語。
expectation 期待 2011/04/26 Workflow Expectations
extra 追加の “extra pixels”を「余分のピクセル」と訳すと「余計な」「無駄な」という不要なイメージがつく恐れがある。 2012/12/19 Kindle Fire HD: Much Better Than Original Kindle Fire
fidelity 忠実度 プロトタイプの作り込み度合いのこと。”紙に手書き”は忠実度が低く、見た目や挙動が完成版に近づくにつれ忠実度が上がる。 2011/01/28 Parallel & Iterative Design + Competitive Testing = High Usability
global navigation グローバルナビゲーション そのWebサイト内のどのページにも常に表示される、Webサイト全体のナビゲーションメニュー。対義語は、local navigation(ローカルナビゲーション;閲覧中のカテゴリー内に限られたナビゲーションメニュー)。 2013/09/14 Designing Effective Carousels
gulf of evaluation 評価のへだたり ドナルド・ノーマン『誰のためのデザイン?』での訳語。 2015/05/10 Don’t Prioritize Efficiency Over Expectations
gulf of execution 実行のへだたり ドナルド・ノーマン『誰のためのデザイン?』での訳語。 2015/05/10 Don’t Prioritize Efficiency Over Expectations
hero image メインビジュアル ヒーロー画像とは、Webページの上部中央に大きく表示される画像のこと。日本の一般的なWebデザイン用語では「メインビジュアル」と呼ばれる。 2014/07/20 Breaking Web Design Conventions = Breaking the User Experience
highlight / highlighting ハイライトする/ハイライト 強調する、目立たせる方法として反転表示というやり方を採用することもあるが(例:文字選択)、必ずしもハイライト=反転表示ではない。 2016/07/09 Tabs, Used Right
homepage トップページ Webページ全般を指している場合には「ホームページ」と訳してもよいが、任意のWebサイトのホームを指している場合は、Webページ全般も指す日本語の「ホームページ」と区別するため。 2013/11/10 Flat vs. Deep Website Hierarchies
home screen ホーム画面 ホーム”ページ”とは限らない。 2011/05/09 Utilize Available Screen Space
hover マウスオーバー リンクなどの上にマウスカーソルを当てること。 2012/02/13 Mobile Sites vs. Apps
human computer interaction ヒューマンコンピュータインタラクション 2010/11/10 Mental Models
interaction インタラクション
interface インタフェース 音の伸ばす/伸ばさないに注意。
lab ラボ ユーザーテストを行なう部屋のこと。
learnability 学習しやすさ ヤコブ・ニールセンによるユーザビリティの定義に用いられている用語。
long-term usability 長期的ユーザビリティ 2011/03/03 10 Best Intranets of 2011
look and feel ルックアンドフィール 2011/07/18 Intranet Portals
Mac / Macintosh Mac / Macintosh 原語のままでよい。
major search engines 主要な検索エンジン Google、Yahoo!、Bingを指すと見られ、「大規模な」という訳では、“検索範囲が広い”などという誤解を与える恐れがある。 2013/06/24 Website Reading: It (Sometimes) Does Happen
marginally significant 有意な傾向が見られる、ある 統計の定型表現。”this result was marginally significant”で「この結果は有意な傾向が見られた」。 2016/06/26 Hamburger Menus and Hidden Navigation Hurt UX Metrics
m-commerce モバイルコマース 「mコマース」という表現は日本ではあまり一般的ではないため(「eコマース」はOK)。 2011/07/05 Why WSJ Mobile App Gets ** Customer Reviews
memorability 記憶しやすさ ヤコブ・ニールセンによるユーザビリティの定義に用いられている用語。
mobile モバイル
navigation ナビゲーション / ページ移動 基本的には、”navigation system”などという場合は、ユーザーをページ移動させるためのWebページ内の機能・要素を指す。ただし、”navigation”の主語(主体)が人の場合は、「人がページを移動する」の意味で訳すとしっくり来る。”users didn’t perform navigation or any interactions” (Mobile Content Is Twice as Difficult)の場合も同様。 2011/09/26 Mobile Usability Update
on-screen 画面上の 2012/07/02 Serif vs. Sans-Serif Fonts for HD Screens
-oriented 指向の 物事が特定の方向に向かう場合は「指向」。なお、志向は「心がある目的に向かう/目指す/志す」こと(参考)。 2014/07/20 Breaking Web Design Conventions = Breaking the User Experience
out of sight, out of mind 視野の外は意識の外 「去る者日々に疎し」と、日本の対応することわざに置き換えてしまうと意味がわかりにくくなりそうな場合は、直訳する。 2012/11/19 Windows 8
outlier 外れ値 「異常値」ではない。 2011/03/03 10 Best Intranets of 2011
page view ページビュー 2009/10/28 Powers of 10: Time Scales in User Experience
participant 参加者 2010/02/02 Testing Expart Users
peer-to-peer ピアツーピア
percentage point ポイント(あるいは、パーセンテージポイント) 50%が51%になった場合、1ポイント(2%)の増加。 2013/02/04 Teenage Usability: Designing Teen-Targeted Websites
perceived affordance 知覚されたアフォーダンス ドナルド・ノーマン(Nielsen Norman Groupのもう1人の設立者)が提唱する言葉。 2012/11/19 Windows 8
performance パフォーマンス 機械のperformanceを指すのであれば「性能」でもよいが、タスクを始めて完了するまでにかかる時間など、ユーザーのperformanceを指す場合は「パフォーマンス」とする。 2012/10/08 User Satisfaction vs. Performance Metrics
personalize パーソナライズ “personalize”は、システムがユーザーに自動的に合わせる。”customize”は、自分好みにユーザーが自分で設定する。 2012/01/03 10 Best Intranets of 2012
preference settings プリファレンス設定 2009/08/17 Customization of UIs and Products
product 製品 / 商品 デザイン・開発の文脈では「製品」、売るという文脈では「商品」。 2011/08/01 Defer Secondary Content When Writing for Mobile Users
product owner プロダクトオーナー アジャイル用語。 2014/05/26 Doing UX in an Agile World: Case Study Findings
purchase 購入 2009/10/28 Powers of 10: Time Scales in User Experience
quick and dirty クイック&ダーティ 「やっつけ」だと多少ネガティブなイメージが入るため。 2014/05/26 Doing UX in an Agile World: Case Study Findings
rating レーティング / 評価 商品、サービス、コンテンツに対する評判のような、「レーティング」のほうがよりしっくりくる場合はそうする。 2012/01/03 10 Best Intranets of 2012
recognition over recall 再生よりも再認 心理学用語で、recognitionは「再認」、recallは「再生」と訳す(参考)。 2014/08/03 Maximize the Content-to-Chrome Ratio
render レンダリングする/される 2012/07/02 Serif vs. Sans-Serif Fonts for HD Screens
research 調査(する) 調査会社が行うような場合は「調査(する)」。研究色が強い場合は「研究(する)」。
responsive (web) design レスポンシブ(ウェブ)デザイン PC用ブラウザやスマートフォン用ブラウザなど、デバイスごとに複数のデザインを用意するのではなく、ブラウザのウィンドウサイズなどに合わせて自動的・フレキシブルに調整される(Web)デザイン。たとえば、Googleニュースは、ウィンドウ幅に応じてカラム数が3~1まで変化する。 2011/11/07 Mobile UX Sharpens Usability Guidelines
revisitation 再訪問 2009/10/05 Powers of 10: Time Scales in User Experience
satisfaction 満足度 JISによるユーザビリティの定義に用いられている用語。
scenario シナリオ
screen 画面
scrolling スクロール 「スクローリング」という表現は日本語では一般的でないため。 2014/05/18 Accordions Are Not Always the Answer for Complex Content on Desktops
search query 検索キーワード / 検索問い合わせ 検索で入力する文字列を指す場合は「検索キーワード」、検索という行動自体を指す場合は「検索問い合わせ」。 2012/08/13 SEO and Usability
search suggestion 検索サジェスト 2011/03/03 10 Best Intranets of 2011
startup screen スタートアップ画面 2011/07/05 Why WSJ Mobile App Gets ** Customer Reviews
subjective satisfaction 主観的満足度 ヤコブ・ニールセンによるユーザビリティの定義に用いられている用語。
(site) analytics (サイト)アナリティクス 以前は「アクセスログ解析」「サイトのアクセス解析」としていたが、今後は「(サイト)アナリティクス」に変更(2015/11/16)。 2014/10/05 Related Content Boosts Pageviews
significant / significance 有意な / 有意(性) 統計用語。「優位」ではないことに注意。 2012-03-26 A/B Testing, Usability Engineering, Radical Innovation: What Pays Best?
simple シンプル 「簡単」とすると”easy”と誤解される恐れがある。
single-touch シングルタッチ 1本の指でタッチすること。「ワンタッチ」だと“操作ステップが1つ”と誤解される恐れがある。 2013/07/22 The Human Body as Touchscreen Replacement
social networking site ソーシャルネットワーキングサイト 2009/11/12 Streams, Walls, and Feeds
story ストーリー カタカナにするだけでよい。「物語」のほうがよりしっくりくる場合はそれでもよい。
study 調査(する) 調査会社が行うような場合は「調査(する)」。研究色が強い場合は「研究(する)」。
super user スーパーユーザー システムに対してすべての操作権限を持つユーザーアカウント、またはそのアカウントの保持者。 2012/01/03 10 Best Intranets of 2012
think aloud method 思考発話法 弊社サイトの「ユーザビリティテスト」を参照のこと。 2012/01/16 Thinking Aloud: The #1 Usability Tool
touch screen タッチスクリーン
touch target タッチターゲット 2012/12/19 Kindle Fire HD: Much Better Than Original Kindle Fire
transfer 転移する/させる 認知心理学用語。以前に経験・学習したことを他で応用するといった場面で用いられる。“transfer knowledge”で「知識を転移」。 2015/09/27 Flat Design
transfer of learning 学習の転移 2010/08/19 iPad and Kindle Reading Speeds
transparent to the users ユーザーは意識しない 2017/06/25 Wizards: Definition and Design Recommendations
type-in box 入力ボックス 2010/11/10 Mental Models
usable ユーザブルな カタカナにするだけでよい。 2010/11/10 Mental Models
usability ユーザビリティ カタカナにするだけでよい。
usability principles ユーザビリティ原則
use 利用(する) Webやソフトウェアなどを利用する場合には「利用(する)」。(具体的な形のあるものなど)「使用(する)」のほうがよりしっくりくる場合にはそうする。
user ユーザー 語尾を伸ばすことに注意。
user experience ユーザーエクスペリエンス カタカナにするだけでよい。
user experience design ユーザーエクスペリエンスデザイン カタカナにするだけでよい。「の」は不要。 2016/06/12 Computer-Assisted Embarrassment
utility ユーティリティ 「ユーザビリティ」(使用性)と対をなす、搭載された機能などの実用性を指す用語。 2011/03/28 Can Hated Design Elements Be Made to Work?
visceral 本能的な Normanは『エモーショナル・デザイン』の中で、人間の認知・情動の処理を、本能(visceral)レベル、行動(behavior)レベル、内省(reflective)レベルの3つに分けている(参考)。 2014/09/28 Image-Focused Design: Is Bigger Better?
we 我々 「私ども」などとへりくだる必要はない。
webOS webOS Hewlett-Packardが開発のオペレーティングシステムの名称。 2011/08/29 Transmedia Design for the 3 Screens
Windows Phone Windows Phone モバイル用OSの名称。’Phone’も大文字なので固有名詞。 2012/02/13 Mobile Sites vs. Apps

公開:2015年5月19日
著者:U-Site編集部