ハイパーテキスト小史

HotJavaが歴史から学ぶべきことに関するコラムへの補足記事

書籍「Multimedia and Hypertext: The Internet and Beyond」より

1945年 Vannevar BushMemexを提案

1965年 Ted Nelsonが「ハイパーテキスト」という言葉を創案(後に、彼の先駆的な著書Literary Machinesに詳述される)

1967年 Hypertext Editing SystemおよびFRESS、Brown大学、Andy van Dam

1968年 Doug EngelbartがFJCCにおいてNLSシステムをデモ

1975年 ZOG(現在はKMS):CMU

1978年 Aspenムービーマップ。初のハイパーメディアビデオディスク。MIT Architecture Machine Group (現在のMedia Lab

1984年 Telos社のFilevision: 制限つきのハイパーメディアデータベース。Macintoshで広く用いられた。

1985年 Symbolics Document Examiner。Janet Walker

1985年 Intermedia、Brown大学 Norman Meyrowitz

1986年 OWLがGuideを発表。一般に入手可能な初のハイパーテキスト

1987年 AppleHyperCardを発表。Bill Atkinson

1987年 ハイパーテキストに関する初の大規模なカンファレンスHypertext’87が開催

1991年 CERNWorld Wide Webが、初の全世界的ハイパーテキストとなる。Tim Berners-Lee

1992年 New York Timesの書評が、ハイパーテキスト小説を取り上げる

1993年 Mosaicがインターネットのキラーアプリとなる。National Center for Supercomputing Applications

1993年 A Hard Day’s Nightが、ハイパーメディア初の全編収録映画となる(最初はMacintosh用だったが、現在ではWindows版もある)

1993年 ハイパーメディア百科事典が、発行部数で印刷物の百科事典を追い抜く

1995年 Netscapeが株式公開初日に30億ドルの市場評価を得る(1998年:AOLがNetscapeを40億ドルで買収)

参考文献

公開:1995年6月1日
著者:Jakob Nielsen

分類キーワード