「ドライブスルーでの処方薬の受け取り、モバイルアプリでさらに便利に」の記事画像

ドライブスルーでの処方薬の受け取り、モバイルアプリでさらに便利に

海外とのかけ橋 (12月13日)

これまで、IIDの米国オフィスから日本のビジネスパーソンの皆様へ、ビジネスエスノグラフィーの観点で、アメリカのさまざまな事柄を文章で紹介してきましたが、やはり百聞は一見にしかず。ということでこれからは、アメリカの日常を、YouTubeチャンネルを通して映像でお届けしていきます。

このサイトについて

優れたUXを提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

ここでは、市場調査やユーザビリティ調査の手法・コツ、調査から得られた知見を紹介します。

「ユーザビリティとUXの関係 その2」の記事画像

ユーザビリティとUXの関係 その2

黒須教授のユーザ工学講義 (11月29日)

僕の品質特性図では、設計時の品質と利用時の品質を区別し、客観的品質と主観的品質を区別することで、四つの品質を分けることになった。設計時の品質がまずあって、その結果として製品品質ができ、それが利用されて利用時の品質となる、と考えるのが適切と思われたからだ。

「モバイルサイトのサブナビゲーション」の記事画像

モバイルサイトのサブナビゲーション

ニールセン博士のAlertbox (11月16日)

モバイルサイトのサブナビゲーションの主な実装方法としては、アコーディオンやシーケンシャルメニュー、セクションメニュー、カテゴリーランディングページが挙げられる。このうちのどれがそのサイトに最適なのかは、IAにある下位カテゴリーの数やサイトでのユーザーの移動パターンによって決定される。

「ユーザビリティとUXの関係 その1」の記事画像

ユーザビリティとUXの関係 その1

黒須教授のユーザ工学講義 (11月7日)

この品質特性図づくりは、ISO 13407に出会った1990年代からの僕のライフワークの一部でもある。ここでは、どのようにしてこの図に至ったかという経緯の説明も交えて、少し詳しく説明を書かせていただこうと思う。それを知って頂くと、この図の理解もより深まると思う。

「サービスデザインの基礎」の記事画像

サービスデザインの基礎

ニールセン博士のAlertbox (11月2日)

サービスデザインとは、組織運営をデザイン・連携・最適化することで、ユーザーと従業員双方のエクスペリエンスを改善して、カスタマージャーニーをよりよくサポートできるようにするものだ。

「累積的UXとはなにか」の記事画像

累積的UXとはなにか

黒須教授のユーザ工学講義 (10月23日)

全体的UXをある時点に集約して考えることは可能ではあっても、それをそれまでの評価値から説明することは困難である。UXの評価の動的な変化に注目し、どのような側面がその高い/低い値をもたらしたのかを定性的に考察するアプローチ以外には、UXを全体的に把握することはできないし、その意味もない。

「ウィザード:その定義とデザインアドバイス」の記事画像

ウィザード:その定義とデザインアドバイス

ニールセン博士のAlertbox (10月17日)

ウィザードは、情報入力で用いられる一般的なアプリケーションデザインパターンの1つである。これは、実行頻度の低いプロセスでうまく機能する。