このサイトについて

優れたUXを提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

ここでは、市場調査やユーザビリティ調査の手法・コツ、調査から得られた知見を紹介します。

このサイトについての詳細

「ユーザ中心設計に関係した話題」の記事画像

ユーザ中心設計に関係した話題

黒須教授のユーザ工学講義 (12月5日)

ここでは前回とりあげたUCDについて、それと関連した話題3つ「ユーザファーストという誤解」「ペルソナがユーザ像なのか」「UCDが人間を退行させる可能性」を取り上げる。

「試供品提供マシーンFREEOSKを使ってみた」の記事画像

試供品提供マシーンFREEOSKを使ってみた

海外とのかけ橋 (11月28日)

FREEOSKという自動販売機のようなマシーンを紹介します。来店ベネフィットや試供品の提供など、店舗の使用者側からするとちょっとお得な体験が出来るこのマシーン。貰える試供品によっては、列が出来ていても並んでまでアクセスしたくなります。

「被験者間と被験者内の実験計画」の記事画像

被験者間と被験者内の実験計画

ニールセン博士のAlertbox (11月13日)

ユーザーに参加してもらう調査において、グループ間計画は学習効果を軽減する。一方、反復測定計画を用いれば、必要な参加者を少なくして、ランダムノイズを最小限に抑えられる。

「ユーザ中心設計のコアと世間に広まっている誤解」の記事画像

ユーザ中心設計のコアと世間に広まっている誤解

黒須教授のユーザ工学講義 (11月6日)

ISO 13407とISO 9241-210、どちらの規格でもユーザビリティがコア概念となっている。さらに、ISO 9241-210の冒頭では「ユーザ」を連呼しており、それだったらユーザ中心設計とすれば良かったのではないか、と思えてしまう。

「定量的なユーザー調査手法:概要」の記事画像

定量的なユーザー調査手法:概要

ニールセン博士のAlertbox (10月29日)

製品のユーザーエクスペリエンスについての数値データが必要なのに、何から始めたらよいのかわからない、ということはないだろうか。まず必要なのは正しいツールを選ぶことだ。最もよく使われている定量的手法のリストを確認しよう。

「サービス活動への対価のソーシャルデザイン」の記事画像

サービス活動への対価のソーシャルデザイン

黒須教授のユーザ工学講義 (10月25日)

今回は奉仕や支援というサービス活動とそれに対する感謝という気持ちの問題、さらにチップ、ないしは心付けという問題、そしてそれをシステム化した地域通貨のデザインについて考えてみたい。

「社会システムのデザイン(2) 一人一票から評定方式へ」の記事画像

社会システムのデザイン(2) 一人一票から評定方式へ

黒須教授のユーザ工学講義 (10月11日)

社会システムのデザインには、まず気づきが必要である。現在のシステムが果たしてそれが最適なものになっているかどうかという問題に気づくことが出発点となる。今回は、多数決のシステムという例をとりあげたい。