「原典への旅(2):KJ法と『発想法』その2」の記事画像

原典への旅(2):KJ法と『発想法』その2

黒須教授のユーザ工学講義 (7月17日)

今回は、KJ法の基本的性質やその手順について改めて紹介しておくことにする。KJ法を、単なるカードの寄せ集め技法と思ってしまわず、その背景にある考え方も知っていただきたい。

このサイトについて

優れたUXを提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

ここでは、市場調査やユーザビリティ調査の手法・コツ、調査から得られた知見を紹介します。

「原典への旅(2):KJ法と『発想法』その1」の記事画像

原典への旅(2):KJ法と『発想法』その1

黒須教授のユーザ工学講義 (7月13日)

ポストイットで情報をまとめるKJ法は今では広く使われている。またaffinity diagramや親和図法という表現を耳にした読者も多いことと思う。皆ほとんど同じことなのだが、今回はそのあたりの謎解きに迫る。

「iPhone X:ジェスチャーの台頭」の記事画像

iPhone X:ジェスチャーの台頭

ニールセン博士のAlertbox (7月9日)

ホームボタンをスワイプジェスチャーに置き換えることはUXの問題を生む。しかし、画面が大きくなるメリットによって、この問題は乗り越えられるだろう。

「原典への旅(1): 『エモーショナル・デザイン』の三階層モデル」の記事画像

原典への旅(1): 『エモーショナル・デザイン』の三階層モデル

黒須教授のユーザ工学講義 (7月4日)

Norman, D.A.の『エモーショナル・デザイン』を読んだ方も多いだろう。あの中の基本的枠組みとなっているのが、「処理の三レベル」といわれる、本能レベル、行動レベル、内省レベル、という区別である。しかし、そこには二つの疑問がある。

「画像とテキストのジグザグ型レイアウトは、流し読みの効率を下げる」の記事画像

画像とテキストのジグザグ型レイアウトは、流し読みの効率を下げる

ニールセン博士のAlertbox (6月27日)

装飾用の画像は、互い違いになったリストのレイアウトで使われていると、ページを流し読みするユーザーがつまずく原因になることが、アイトラッキング調査でわかった。一方、テキストや画像が縦に整列しているページでは、ユーザーは効率的に流し読みをしていた。

「『UXリサーチの道具箱』」の記事画像

『UXリサーチの道具箱』

書籍紹介 (6月18日)

日本を代表するUXリサーチャ・樽本徹也さんの最新作『UXリサーチの道具箱-イノベーションのための質的調査・分析』は、「ユーザを知るために、こんな道具(手法)があるんだ」と知るためのとっかかりとしておすすめの書籍です。

「Nigel Bevanの死」の記事画像

Nigel Bevanの死

黒須教授のユーザ工学講義 (6月11日)

Nigelが亡くなったとの知らせが届いた。Nigelは、ISOの活動において、ISO 9241-210の標準化や、ISO 9241-11の改定作業をはじめ沢山の規格に関係していたし、ISO/IEC 25010などの作業にも深く関係してきていた。ともかく、今はusabilityやUX、そしてHCDに対して大きな貢献をしてくれた彼の冥福を祈りたい。

「音声ファーストはインタラクションの未来か」の記事画像

音声ファーストはインタラクションの未来か

ニールセン博士のAlertbox (6月5日)

画面もあるが音声を第一の入力手段として用いるデバイスは、ユーザーエクスペリエンスをさらに統合された、有益で全体的なものにする方法を示してくれる。

「いま、HCIに必要な、問題解決型アプローチ」の記事画像

いま、HCIに必要な、問題解決型アプローチ

黒須教授のユーザ工学講義 (4月25日)

UXという概念が広く使われるようになり、ユーザビリティは地味くさくて古いキーワードだ、といった見方が強まってしまった結果が、現在の状況である。しかし、HI研究にいま一番求められているのは、ユーザビリティの問題を見つけ、あるいは予見し、それを解決しようと努力することだと思う。