「Userはユーザかユーザーか: カタカナによる外来語の表記、特に長音表記について」の記事画像

Userはユーザかユーザーか: カタカナによる外来語の表記、特に長音表記について

黒須教授のユーザ工学講義 (2月21日)

外国語を日本語にするときには、完全に日本語に訳してしまうこともあるが、カタカナ表記しか使われていない単語も多い。このカタカナによる外来語の表記にはいろいろと課題がある。今回はuserのカタカナ表記に代表される長音表記に焦点を当てることにする。

このサイトについて

優れたUXを提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

ここでは、市場調査やユーザビリティ調査の手法・コツ、調査から得られた知見を紹介します。

このサイトについての詳細

「eコマース検索の現状」の記事画像

eコマース検索の現状

ニールセン博士のAlertbox (2月19日)

eコマースの検索ツールは、過去に比べて、見つけやすく、関連度の高い結果が返ってくるようになった。そして、検索空間でのユーザーの道案内にはオートサジェストやファセットが利用されている。

「インスペクション評価の限界 - 一貫性の評価」の記事画像

インスペクション評価の限界 - 一貫性の評価

黒須教授のユーザ工学講義 (2月12日)

ヒューリスティック法やエキスパートレビューなどのインスペクション評価は、簡便で、ユーザを参加者として招く手間暇も必要なく、短時間のうちにインタフェースの問題点を検出できる。しかし、そのような手法を使って評価を行おうという気持ちがなければ、いくら優秀な手法であっても意味が無い。

「eBookのUXに関する回想的考察」の記事画像

eBookのUXに関する回想的考察

黒須教授のユーザ工学講義 (1月28日)

パソコンの画面がテキストを読むのに適切かどうかについては議論があるだろう。以下は、eBookのUXに関する僕の回想的考察である。

「ビジュアルデザインのテスト方法」の記事画像

ビジュアルデザインのテスト方法

ニールセン博士のAlertbox (1月22日)

フォントや色などのビジュアル要素を評価するときには、美的印象と行動への影響の両方を評価しよう。

「人工物の進化とユーザの進化」の記事画像

人工物の進化とユーザの進化

黒須教授のユーザ工学講義 (1月15日)

人間における、脳機能の部分、いいかえれば認知機能の変化や変質が、ゆっくりではあるが着実に進行している。この、現在起きている変化や変質に対して、それを認めること、そしてそれに取り組む新しい社会的パラダイムが必要になっているのだ。

「ネットショッピングの新たなUX: ユーザーが抱く期待の変化」の記事画像

ネットショッピングの新たなUX: ユーザーが抱く期待の変化

ニールセン博士のAlertbox (1月9日)

現在のネットショッピング客は、迅速な配送・購入の選択肢があること、実店舗とWeb間の移行がシームレスであること、提供される情報が正確でタイムリーであること、豊かなエクスペリエンスが物理的な世界にも引き継がれることを期待している。

「設計中にも使えるUX予測評価法」の記事画像

設計中にも使えるUX予測評価法

黒須教授のユーザ工学講義 (2018年12月26日)

UXの一部、感情的な側面についてなら、設計中にUXを予測的に評価することは可能と考える。ここでは、仮に感情グリッド改良版と呼ぶ手法を紹介しておこう。この手法を使えば、ウェブサイトの画面の印象がちょっと強すぎるかな/弱すぎるかなといった点が分かるだろう。

Top