メールマガジン配信中です

現在、U-Siteでは、サイトの更新情報をメールマガジンで配信しています。新着記事がある程度蓄積したところでまとめてお知らせします。U-Siteの最新情報を逃さずご覧になりたい方はぜひご登録ください。

  • U-Site編集部
  • on November 4, 2020

いつもU-Siteをご覧いただきましてありがとうございます。

現在、U-Siteでは、サイトの更新情報を、TwitterFacebookRSSフィードに加え、メールマガジンでも配信しています。

メールマガジンでは、新着記事がある程度蓄積したところでまとめてお知らせします。現在、1か月に1回の頻度で配信しています。

「U-Siteの更新を会社でチェックしたいけどTwitterやFacebookはできない」という場合、このメールマガジンなら最新情報を逃さずご覧いただけて便利です。

メルマガ配信先アドレスを登録
イード(mds.iid.jp)へ移動します

実際に配信したメールマガジンの例

Subject: 【U-Site】豊かなUXのためのデザインを考える「U-Site」 2020年11月04日

U-Site編集部です。

先月、「デザインを模倣することのリスク(それが成功している企業のものであっても)」という記事を公開しました。
https://u-site.jp/alertbox/risks-imitating-designs
巨大IT企業のUIデザインは参考になるが、なんでも無批判に真似ればいいわけではない、という主張です。
記事にもある、下線だけの入力欄がGoogleのUIに登場したとき、見落とすユーザーもいそうだなと思ったものですが、その後、Googleはそのビジュアルデザインをオーソドックスなものに戻しました。
問題があると思えば躊躇なく変更できるのが巨大IT企業の強みであり、見習うべきはその対応の柔軟さかもしれません。

以下は先月1か月間に公開した記事一覧です(公開後7日間の累計ページビューが多かった順)。
未見の記事はこの際にぜひご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 先月公開の記事一覧 ■                 2020年11月04日
─────────────────────────────────────
   豊かなUXのためのデザインを考える「U-Site」の新着記事一覧です
              https://u-site.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第1位

<定量アンケート調査>
進む「電車離れ」と見直される「クルマの価値」
https://u-site.jp/survey/smart-city-2
イードが独自に実施した調査からは、コロナ禍において人々の「電車離れ」が進む一方、「クルマ」の再評価が進んでいることが分かりました。
「感染リスクが低い」ことの他にも、評価されたポイントがあるようです。
(10月5日)

─────────────────────────────────────

第2位

<定量アンケート調査>
Web会議の疲れを減らすヒント
https://u-site.jp/survey/web-conference-2
イードが実施した調査から、Web会議に参加する人の半数弱が対面の会議より疲れを感じていることが分かりました。
調査結果を基に疲れを引き起こす要因や、疲れを減らすヒントについて考えます。
(10月22日)

─────────────────────────────────────

第3位

<定量アンケート調査>
With/Afterコロナ時代で変わる自動車の価値
https://u-site.jp/survey/value-of-cars-in-corona-era
株式会社イードでは、Withコロナ時代における、人々のマイカーへの意識・ニーズの変化を調査し、今後の自動車の新たな可能性について考察を行いました。
(10月7日)

─────────────────────────────────────

第4位

<ニールセン博士のAlertbox>
デザインを模倣することのリスク(それが成功している企業のものであっても)
https://u-site.jp/alertbox/risks-imitating-designs
偉大な企業でも間違うことはある。
成功している企業が採用しているという理由だけで、そのデザインパターンを真似れば間違いないと思い込み、自分たちのUXを危険にさらしてはならない。
(10月29日)

─────────────────────────────────────

第5位

<定量アンケート調査>
Web会議の困りごとと顔出しの状況
https://u-site.jp/survey/web-conference-1
イードが実施した調査では、有職者の約3割がWeb会議(ビデオ会議)を行なっていることが分かりました。
ここでは、Web会議での「困りごと」や顔出しの状況など、Web会議の実態についてご紹介します。
(10月15日)

─────────────────────────────────────

第6位

<ニールセン博士のAlertbox>
5種類のUXワークショップと実施のタイミング:早見表
https://u-site.jp/alertbox/5-ux-workshops
UXワークショップは、機能横断的な当事者意識や合意が必要な際に、問題を解決するためにデザインプロセス全体を通して実施される。
この記事では、よくおこなわれる5種類のUXワークショップと、デザインプロセスにおけるその利用の仕方を紹介する。
(10月19日)

─────────────────────────────────────

第7位

<定量アンケート調査>
休日のお出かけ「今後も減ったまま」が3割
https://u-site.jp/survey/smart-city-3
Withコロナの状況下で、人々の働き方・住まい・移動・意識にどのような変化があったのかを探るため、イードは独自で調査を行いました。
今回は「外出頻度の減少」について考察します。
(10月30日)

─────────────────────────────────────

第8位

<黒須教授のユーザ工学講義>
デカゴンモデルの改定
https://u-site.jp/lecture/decagon-model-revised
以前、デザインプロセスについて小連載したときにデカゴンモデルを紹介したが、その後、このモデルの修正すべき点について幾つか気がついたので、その修正点について紹介しておきたいと思う。
(10月20日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

HCD(人間中心設計)を導入することで、ユーザーのニーズに沿った製品・サービス開発が可能です。
ぜひお気軽に、ユーザビリティ評価やサービスデザインについてお問い合わせください。
https://u-site.jp/usability/

─────────────────────────────────────

管理・運営:   株式会社イード リサーチ事業本部
お問い合わせ: https://www.iid.co.jp/contact/usite_contact.html
※このメールは送信専用のため、ご返信いただけません。

●今後、本メールの配信停止をご希望の方は、下記URLよりご連絡ください。
https://u-site.jp/mail-magazine/

─────────────────────────────────────

Copyright (C) IID, Inc.
掲載記事の無断転載を禁じます。

UXデザイン、Webユーザビリティマーケティングリサーチなどにご興味のある方は、ぜひご登録ください。

メルマガ配信先アドレスを登録
イード(mds.iid.jp)へ移動します