メールマガジン配信中です

現在、U-Siteでは、サイトの更新情報をメールマガジンで配信しています。新着記事がある程度蓄積したところでまとめてお知らせします。U-Siteの最新情報を逃さずご覧になりたい方はぜひご登録ください。

  • U-Site編集部
  • on November 6, 2019

いつもU-Siteをご覧いただきましてありがとうございます。

現在、U-Siteでは、サイトの更新情報を、TwitterFacebookRSSフィードに加え、メールマガジンでも配信しています。

メールマガジンでは、新着記事がある程度蓄積したところでまとめてお知らせします。現在、1か月に1回の頻度で配信しています。

「U-Siteの更新を会社でチェックしたいけどTwitterやFacebookはできない」という場合、このメールマガジンなら最新情報を逃さずご覧いただけて便利です。

メルマガ配信先アドレスを登録
U-Siteを運営している、株式会社イードの
Webサイトへジャンプします

実際に配信したメールマガジンの例

Subject: 【U-Site】豊かなUXのためのデザインを考える「U-Site」 2019年11月06日

U-Site編集部です。

先月、たくさんの方にご覧いただいたのは、「ユーザーにない知識を補わないと、UXを損なう」という記事でした。
https://u-site.jp/alertbox/unbridged-knowledge-gaps

内容としては、ECサイトやアプリにおいてユーザーの意思決定を支援するには、ユーザーが欲している情報を適切なかたちで提供しなければならない。
サイトやアプリの制作者側は、どのような状況・意思決定なのかも含めてユーザーを理解する定性調査の実施が重要だ、というものです。

以下は先月1か月間に公開した記事一覧です(公開後7日間の累計ページビューが多かった順)。
未見の記事はこの際にぜひご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 先月公開の記事一覧 ■                 2019年11月06日
─────────────────────────────────────
   豊かなUXのためのデザインを考える「U-Site」の新着記事一覧です
              https://u-site.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第1位

<ニールセン博士のAlertbox>
ユーザーにない知識を補わないと、UXを損なう
https://u-site.jp/alertbox/unbridged-knowledge-gaps
調査型のタスクに適した情報の提供ができていないWebサイトは多い。
そうしたサイトでは、ユーザーはさまざまな情報ソースを手作業でつなぎ合わせるという不必要な手間をかけなくてはならないのだ。
(10月17日)

─────────────────────────────────────

第2位

<黒須教授のユーザ工学講義>
調査・分析とデザインの間のキャズム
https://u-site.jp/lecture/chasm-between-analysis-and-design
ユーザ調査をして得られた結果を古典的なKJ法などで分析するまではいいが、その分析結果から要求事項までの間にはまだ距離がある。
カスタマージャーニーマップを作成することは分析の一つのやり方として意味はあるが、そこからも「要求事項の明示」という段階に向かうにはちょっとしたギャップがあるのだ。
(10月25日)

─────────────────────────────────────

第3位

<ニールセン博士のAlertbox>
適切なリンクラベル:クリックを促す4つのS
https://u-site.jp/alertbox/better-link-labels
リンクテキストを具体的なものにすれば、リンクに偽りがないとユーザーに期待してもらえるし、その期待に応えることもできる。
また、中身のある具体的なリンクテキストにすることで、簡潔なまま、単独で意味がわかるようになる。
(10月30日)

─────────────────────────────────────

第4位

<ニールセン博士のAlertbox>
アプリケーションデザインの間違い・トップ10
https://u-site.jp/alertbox/top-10-application-design-mistakes
UIがワークフローを通じてユーザーをガイドし、サポートすれば、アプリケーションのユーザビリティは向上する。
(10月1日)

─────────────────────────────────────

第5位

<黒須教授のユーザ工学講義>
消費税値上げを契機として、政治のUXを考えよう
https://u-site.jp/lecture/politics-ux
ゆで蛙のたとえ話は人間性の本質を突いている。
「不快に感じず」「そこそこ満足」できる範囲で、政治家やマーケッターの意図する方向に誘導されても、その時のUXつまり気づきが、大きくネガティブなものでないかぎり、それは受容されてしまうのだ。
(10月8日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

HCD(人間中心設計)を導入することで、ユーザーのニーズに沿った製品・サービス開発が可能です。
ぜひお気軽に、ユーザビリティ評価やサービスデザインについてお問い合わせください。
https://u-site.jp/usability/

─────────────────────────────────────

管理・運営:   株式会社イード リサーチ事業本部
お問い合わせ: https://www.iid.co.jp/contact/usite_contact.html
※このメールは送信専用のため、ご返信いただけません。

●今後、本メールの配信停止をご希望の方は、下記URLよりご連絡ください。
https://u-site.jp/mail-magazine/

─────────────────────────────────────

Copyright (C) IID, Inc.
掲載記事の無断転載を禁じます。

UXデザイン、Webユーザビリティマーケティングリサーチなどにご興味のある方は、ぜひご登録ください。

メルマガ配信先アドレスを登録
U-Siteを運営している、株式会社イードの
Webサイトへジャンプします