メールマガジン配信中です

現在、U-Siteでは、サイトの更新情報をメールマガジンで配信しています。新着記事がある程度蓄積したところでまとめてお知らせします。U-Siteの最新情報を逃さずご覧になりたい方はぜひご登録ください。

いつもU-Siteをご覧いただきましてありがとうございます。

現在、U-Siteでは、サイトの更新情報を、TwitterFacebookRSSフィードに加え、メールマガジンでも配信しています。

メールマガジンでは、新着記事がある程度蓄積したところでまとめてお知らせします。2017年10月現在、配信頻度は1か月に1回となっています。

「U-Siteの更新を会社でチェックしたいけどTwitterやFacebookはできない」という場合、このメールマガジンなら最新情報を逃さずご覧いただけて便利です。

メルマガ配信先アドレスを登録
U-Siteを運営している、株式会社イードの
Webサイトへジャンプします

配信されるメールマガジンのサンプル

Subject: 【U-Site】豊かなUXのためのデザインを考える「U-Site」 2017年10月3日

U-Site編集部です。

松村邦洋さんが、あるプライベートジムに通って、30kgの減量に成功したと話題になっていました。
書籍『経験経済』には、経験経済においては「経験価値こそがマーケティングだ」とあり、
経験経済の次である変革経済においては「顧客こそが『商品』である」とあります。
まさにこれは、『経験経済』の内容を実践している好例だと思います。

以下は先月1か月間に公開した記事一覧です(ページビューの多かった順)。
見逃した方はこの際にぜひご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ U-Site記事一覧 ■                   2017年10月03日
─────────────────────────────────────
   豊かなUXのためのデザインを考える「U-Site」の新着記事一覧です
              https://u-site.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第1位

<黒須教授のユーザ工学講義>
■人間中心設計という言葉の是非
https://u-site.jp/lecture/the-word-of-hcd
人間中心設計における人間という概念は、十分に吟味されて選ばれたものとはいえなかった。
人間中心設計というとなにやら崇高な響きがあるように聞こえてしまうが、
本当に考えるべき側面はユーザとしての人間についてなのだ。
(9月12日)

─────────────────────────────────────

第2位

<ニールセン博士のAlertbox>
■マイクロコンバージョンのためにユーザーに肩身の狭い思いをさせてはいけない
https://u-site.jp/alertbox/shaming-users
ユーザーに気まずい思いをさせることで、オファーに応じさせたり、
ニュースレターに登録させようとするものを、マニピュリンクという。
(9月5日)

─────────────────────────────────────

第3位

<定量アンケート調査>
■カーナビユーザー調査2017: 据置型ナビとナビアプリの併用が進み、ミラーリングニーズも高い傾向に
https://u-site.jp/survey/car-navigation-survey-2017
イード・日本自動車ユーザー研究所では、一般消費者を対象にカーナビに関する意識調査を行いました。
その結果、据置型ナビとスマホのナビアプリの併用が進み、ミラーリングのニーズも高い傾向にあること、
また、カーナビの選択理由は、純正ナビでは「保証」、市販ナビでは「価格」であることがわかりました。
(9月1日)

─────────────────────────────────────

第4位

<ニールセン博士のAlertbox>
■モバイルでのユーザー登録やログインの入力フォームのチェックリスト
https://u-site.jp/alertbox/checklist-registration-login
モバイルでのパスワード入力には、デスクトップでの2倍の時間がかかる。
以下の12個のガイドラインに従い、モバイルデバイスでのユーザー登録とログインの手間を減らそう。
(9月21日)

─────────────────────────────────────

第5位

<黒須教授のユーザ工学講義>
■ロボット三原則とHCD
https://u-site.jp/lecture/three-laws-of-robotics-and-hcd
アシモフのロボット三原則を読めば、それがロボットは人間に仕え、
人間のために作られたものだという考え方に立脚していることがわかるが、
それは正にHCDの考え方を表現したものといえる。
この三原則を実装するのはとても難しいことだが、
今やそれを研究しなければならない時期になってきているだろう。
(9月27日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

UXデザインプロセスを導入することで、ユーザーのニーズに沿った製品・サービス
開発が可能です。
進め方のご相談がありましたら、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。
https://u-site.jp/research/

─────────────────────────────────────

管理・運営:   株式会社イード リサーチ事業本部
お問い合わせ: https://www.iid.co.jp/contact/usite_contact.html
※このメールは送信専用のため、ご返信いただけません。

●今後、本メールの配信停止をご希望の方は、下記URLよりご連絡ください。
https://u-site.jp/mail-magazine/

─────────────────────────────────────

Copyright (c) IID, Inc. All rights reserved.
掲載記事の無断転載を禁じます。

UXデザイン、Webユーザビリティマーケティングリサーチなどにご興味のある方は、ぜひご登録ください。

メルマガ配信先アドレスを登録
U-Siteを運営している、株式会社イードの
Webサイトへジャンプします

公開:2016年5月11日
著者:U-Site編集部