「カラーハンティング展」にイードが協力

6月21日より、21_21 DESIGN SIGHTにて「カラーハンティング展」がはじまりました。展示内容に対して、弊社(株式会社イード)も協力させていただいております。みなさま、ぜひご覧ください。

「カラーハンティング展」のウェブページ

2013年6月21日より、東京ミッドタウン・ガーデンにある21_21 DESIGN SIGHTにて、「カラーハンティング展 色からはじめるデザイン」という企画展が、21_21 DESIGN SIGHTと三宅一生デザイン文化財団の主催ではじまりました。

カラーハンティング

カラーハンティングとは、自然や都市に存在する現実の色を、水彩絵具を調合してその場で紙片に写し取るという手法です。そうして採取された色からはじまるデザインは、色の意味や物語を人々に伝えていく、といいます。この手法は、この企画展をディレクションされている、藤原 大さんが生み出されたものです。

この企画展では、野生のライオンや佐渡の朱鷺(とき)などをカラーハンティングし、世界にある色の多様性を示し、それぞれの色が持つ意味についても紹介しているとのことです。

色からはじめるデザイン

この企画展の開催にあたり、弊社(株式会社イード)も協力させていただいております。さまざまなことばから、それぞれどのような色をイメージするか、美術大学に通う女子学生の方々にアンケートを実施し、コレスポンデンス分析いたしました。その結果が「カラーボキャブラリ」として展示されています。

「カラーボキャブラリ」のブース(内覧会にて)

みなさまにも、ぜひご覧いただければと思います。

企画展概要

タイトル
企画展 藤原 大ディレクション
「カラーハンティング展 色からはじめるデザイン」
会場
21_21 DESIGN SIGHT
(東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内)
会期
2013年6月21日(金)~10月6日(日) ※火曜日休館
開館時間
11:00~20:00(入場は19:30まで)
入場料
一般1,000円、大学生800円、中高生500円、小学生以下無料

※詳細は、上記のリンク先でご確認ください。

公開:2013年6月21日
著者:U-Site編集部