逆アフィリエイトプログラム

ウェブ調査に関するコラムで行ったアフィリエイトプログラムの分析への補足記事

逆アフィリエイトプログラムも実現可能だ。電子コマースサイトからよくできた専門サイトにリンクして、そこのコンテンツや推薦文を、顧客に対する客観的第三者からのアドバイスとして使わせてもらうのだ。例えば、オンライン書店に「Xの分野での書評サイト・トップ10」リストを用意しておく。Xにあたるものは、ミステリー小説のようなよく売れる主要ジャンルから、ユーザビリティのように狭い分野まで、何でも構わない。独立の情報源からの推薦なので、信頼性も高い。販売者が出してくるものより良質で、徹底したものになるのは、まず間違いないだろう。

Amazonには「この本を買った人はこんな本も買っています」機能があるが、「この本はこんなサイトで推薦されています」機能があればさらにいいだろう。アフィリエイトサイトからやってくる紹介の数をカウントして、もっとも売上に貢献したサイトへ逆リンクをつけるのだ。これは自動化できる。簡単に、あらゆる製品ページに付加価値コンテンツを追加できる方法だ。

Barnes and Nobleへのヒント: これは、アフィリエイトプログラムの魅力を向上させる(鞍替えするサイトを増やす)と同時に、付加価値推薦コンテンツを獲得できる安上がりな手法だ。もちろん、他の業界でもこのアイデアは有効だ。

発案の経緯メモ

このアイデアの誕生: 1999年8月17日

このアイデアの初公開日: 1999年8月18日(この補足記事は元々の1999年7月のコラムにはついていなかった: これが公開されたのは1999年8月18日のことだ)

公開:1999年8月18日
著者:Jakob Nielsen

分類キーワード