海外アンケートパネル

イードの海外アンケートパネルの利用により、全世界2000万人以上の提携・協力パネルに対してインターネットアンケートを実施できます。

概要

イードの海外アンケートパネルの利用により、欧米諸国は勿論のこと、BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)、タイ・インドネシア・ベトナムといった東南アジア、中東地域等、全世界2000万人以上の提携・協力パネルに対してインターネットを利用した市場調査を実施できます。

日本国内と同じインターネットアンケートシステムを利用することができるため、複数国調査の場合においても安定した調査品質を実現できます。

globalpanel_img_01

  • 各国のパネルの属性については個別にお問い合わせください。
  • 表記のパネルはごく一部です。パネル数の表示のない国についてもご対応可能な場合がありますので、お気軽にお問い合わせください。

特長

  1. 全世界2000万人以上のアンケートパネル
    欧米諸国は勿論のこと、BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)、タイ・インドネシア・ベトナムといった東南アジア、中東地域等、全世界2000万人に対し、インターネットアンケート調査を実施できます。
  2. どの提携・協力パネルでも、イード直接管理の調査システムを利用
    • 提携・協力パネルの調査対象者を直接、イードのインターネットアンケートシステムに誘導してもらう方式(サンプルサプライ方式)のため、海外のパネルを利用したインターネットアンケート調査であっても、調査票作成から集計、分析にいたるほとんどのリサーチプロセスをイードの直接管理の下、実施することができ、安定した調査品質を実現できます。
    • イードのインターネットアンケートでは、基本的な択一式、複数選択式、自由記述式はもちろん、高度な設問条件に対応可能なシステムを導入。複数国調査、多言語調査、グローバルトラッキングスタディにも対応しています
  3. インターネットアンケート調査の回答者への対面調査が実施可能
    日本国内インターネットリサーチの場合と同じく、インターネットアンケート(オンライン)調査の回答者の中から、会場調査やグループインタビュー、ホームユーステストなど対面(オフライン)調査の対象者をリクルートすることができ、オンラインとオフラインの調査結果を合わせた分析が可能です。

公開: 2015年10月26日
著者: U-Site編集部