日本国内アンケートパネル

イードの日本国内のアンケートパネルは約600万人。自社パネルの他、提携・協力パネルに対してインターネットアンケート調査を実施できます。

概要

イードのインターネットアンケートサイト「あんぱら」の会員により構成されるあんぱらパネル16万人の他、提携・協力パネルの利用により、約600万人のアンケート調査パネルを確保。多様な市場調査ニーズにお応えします。

自社パネル、提携・協力パネルを問わず、同じイードのインターネットアンケートシステムを利用できます。また、インターネットアンケート回答者を対面調査(会場調査、グループインタビュー、ホームユーステストなど)の対象者としてリクルートすることも可能です。

特長

  1. 自社パネルと提携・協力パネルを合わせた約600万人に、インターネットアンケート調査を実施可能
  2. 自社パネル、提携・協力パネルを問わず、同じイードのアンケートシステムを利用可能
    イードのインターネットアンケートでは、基本的な択一式、複数選択式、自由記述式はもちろん、高度な設問条件に対応可能なインターネットリサーチシステムを導入しています。
  3. インターネットアンケート(オンライン)調査回答者に対する対面調査が可能
    ホームユーステストなど対面(オフライン)調査の対象者をリクルートすることができます。これにより、オンラインとオフラインの調査結果を合わせた分析も可能です。

日本国内パネル詳細

アクセスパネル数:約600万人

anpara

自社パネル「あんぱらパネル」約16万人の他、日本国内の提携・協力パネルを含めた、計約600万人に対し、インターネットアンケート調査を実施できます。

※表示の属性情報は「あんぱらパネル」のみのデータです。提携・協力パネルの属性については、個別にお問い合わせ下さい。

anpara_img_01

公開:2015年10月26日
著者:U-Site編集部