ユーザビリティ評価による、UIデザインの改善

スマートフォンアプリやサイトなどのデジタル製品やサービスでの、ユーザー側とビジネス側、双方の目的達成には、UI品質をユーザー視点で評価し、ユーザビリティを改善することが不可欠です。

UI開発プロセスでは、個々のUIの具体的な問題点の発見と改善のために、定性的なユービリティ評価手法が多く用いられます。代表的な手法としては、「ユーザビリティテスト」と「ヒューリスティック評価」が挙げられます。また、複数のUIの比較や、1つのUIに対する評価の変化を測定する場合には、ユーザビリティをアンケートで定量的に評価する手法を用いることもあります。

ユーザビリティとは

ユーザビリティとは、製品やサービスが備える、UIの使いやすさの度合いを指す概念です。

「ユーザビリティ」の詳細

ユーザビリティの評価・改善手法

ユーザビリティテスト

ユーザビリティテストとは、UIのユーザビリティ問題の抽出と原因探索を、ユーザー視点で行う手法の1つです。

ユーザーにタスク(課題)を提示した上で、製品やサービスのプロトタイプや実物を使用してもらい、その実行過程を観察します。ユーザーの行動や発話から、「UI上のどの部分に問題があるのか」という問題の所在や、「なぜその問題が起きたのか」という問題の原因を詳細に把握できます。

「ユーザビリティテスト」の詳細

「UI要素のレイアウトが適切かどうか」といったことをテストする際、タスク実行時のユーザー行動をただ横から観察するだけでなく、アイトラッカー(視線追跡装置)を用いることによって、ユーザーが画面のどこを見ているのか(注視点)を客観的に把握することも可能です。

→ 「アイトラッキング調査」の詳細

ヒューリスティック評価

ヒューリスティック評価とは、経験則(ヒューリスティックス)に基づいてユーザビリティを評価し、UI上の問題を発見する手法です。ユーザビリティの専門家が問題点を抽出し、それに対する改善案を提案します。

ユーザーを必要とするユーザビリティテストに比べて、評価範囲を柔軟に設定でき、より短い期間で評価できるため、比較的コストがかからないことが特長です。また、ユーザーが見ても理解しにくい、仕様書やごく初期のプロトタイプでも評価が行えるので、UI開発の多くの場面で活用できます。

「ヒューリスティック評価」の詳細

ウェブユーザビリティ評価スケール(WUS)

ウェブユーザビリティ評価スケール(Web Usability Scale; WUS)とは、富士通とイードが共同で開発した、ウェブユーザビリティを定量的に評価するためのアンケート評価手法です。

Webユーザビリティに関する21項目について5段階評価質問を行い、それらの質問から生成される7つの評価因子でWebサイトのユーザビリティを評価します。

→ 「ウェブユーザビリティ評価スケール」の詳細

ユーザビリティ評価・改善には、専門性と客観性が必要

ユーザーが「使い方がわからない」「使いにくい」「間違えてしまう」状況に陥る大きな要因は、その製品やサービスの担当者・デザイナーと、それを使うユーザー、双方が持つ常識・期待・思考(メンタルモデル)のギャップによるものです。

製品やサービスの成功には、ユーザーのメンタルモデルを製品やサービスの担当者やデザイナーの皆さんに理解してもらい、製品やサービスの機能や価値をユーザーの皆さんに理解してもらえるUIに改善していくことが必要です。

それを実現するのは、「ユーザーの認知・行動やUIに対する深い知識」「ユーザビリティ評価の豊富な経験」という専門性と、製品やサービスを客観的に見る目を持った人材です。

市場調査会社としてスタートした弊社リサーチ事業部門は、ユーザビリティ評価・改善の分野で15年以上の実績があります。弊社にはそのような人材が揃っていますので、ユーザビリティ評価・改善が必要な際は、ぜひご相談ください。

ユーザビリティ評価の弊社実績

スマートフォンアプリ
EC・ネットショッピングアプリ、飲食店クーポンアプリ、フォトアルバムアプリ、テレビ連携アプリ
PC向けWebサイト
EC・ネットショッピングサイト、飲食店クーポンサイト、フォトアルバムサイト、保険見積サイト
家電・デジタル製品
テレビ、レコーダー、セットトップボックス、デジタルカメラ
自動車関連
運転操作系、カーナビゲーションシステム
業務用システム
企業内イントラネット、士業向けの行政機関サイト、機関投資家向けWebサイト、銀行・金融機関用機械

など多数。


目次

  1. ユーザビリティ評価による、UIデザインの改善
    1. ユーザビリティとは
    2. ユーザビリティテスト
    3. アイトラッキング調査
    4. ヒューリスティック評価
    5. ウェブユーザビリティ評価スケール

公開:2011年3月10日
著者:U-Site編集部