ユーザビリティテストとは、UIのユーザビリティ問題の抽出と原因探索を、ユーザー視点で行う手法の1つです。

ユーザビリティテストのやり方

ユーザーにタスク(課題)を提示した上で、製品やサービスのプロトタイプや実物を使用してもらい、その実行過程を観察します。ユーザーの行動や発話から、「UI上のどの部分に問題があるのか」という問題の所在や、「なぜその問題が起きたのか」という問題の原因を詳細に把握できます。

たとえば、スマートフォンアプリやWebサイトのUIデザインが、ユーザーの思考・利用状況・目的に沿ったものになっているか、また、ビジネス側の目的(コンバージョン率の向上など)を達成できるものになっているかをテストします。

実行過程において考えていることを話しながら操作してもらう手法を「思考発話法ユーザビリティテスト」と呼びます。

調査結果をゆがめない(バイアスをかけない)よう、タスクの内容・指示説明・順序の設計や、ユーザーの思考内容の引き出しには、専門的な技量と細心の注意が必要です(ユーザーの目的をユーザビリティテスト用のタスクシナリオにしよう)。

図
ユーザー(左)が評価対象のスマートフォンアプリを操作する様子を、モデレーター(右)が観察しています。
図
ユーザーが操作するスマートフォンには、クリップでカメラが取り付けられています。
図
モデレーターや、評価対象アプリの担当者はその映像でユーザーの行動を観察します。

アイトラッキングによる視線の追跡

「UI要素のレイアウトが適切かどうか」といったことをテストする際、タスク実行時のユーザー行動をただ横から観察するだけでなく、アイトラッカー(視線追跡装置)を用いることによって、ユーザーが画面のどこを見ているのか(注視点)を客観的に把握することも可能です。

→ 「アイトラッキング調査」の詳細

ユーザビリティテストでわかること

ユーザビリティ問題の抽出

ユーザビリティテストでは、実際のターゲットとするユーザーに、ある目的のタスク(課題)を行ってもらい、その際の行動、発話を記録・観察し、分析の材料とします。ユーザーのタスクの実行過程における失敗や混乱、さらに発話内容から、UIの具体的な問題点を明らかにします。

ユーザビリティ問題の原因探索

ユーザーを観察しながら、問題点の抽出とともに、その問題の深刻さ(独力で回復できるか)、頻出度(頻繁に操作する内容か、何度やっても間違えてしまうか)などを推測します。UIの具体的な問題点の抽出にとどまらず、なぜ失敗したのか、なぜ不満を述べたのかを明らかにできます。

どのような人を、どうやって、何人集めるか

ユーザビリティテストでは、テスト対象の製品やサービス、テストする内容に応じて、想定ユーザーに近い条件(性別、年代、類似製品やサービスの利用経験の有無、スマートフォンやPCに対する習熟度など)の人に協力してもらう必要があります。条件に合った人をインターネットアンケートなどで探し(スクリーニング)、指定した日時にユーザビリティテストの実施会場に来てもらうように調整(リクルーティング)する必要があります(ユーザビリティテスト参加者のリクルーティング)。

ユーザビリティテストでは、5人のユーザーでユーザビリティ問題の約85%を発見できることが明らかになっています(Nielsen and Landauer, 1993)。ユーザビリティを向上させるには、一度に何十人に協力してもらってテストするよりも、5人程度の小規模なユーザビリティテストを繰り返したほうが効果があります(ユーザビリティテストのユーザー数が5人で十分な理由)。


目次

  1. ユーザビリティ評価による、UIデザインの改善
    1. ユーザビリティとは
    2. ユーザビリティテスト
    3. アイトラッキング調査
    4. ヒューリスティック評価
    5. ウェブユーザビリティ評価スケール

公開: 2015年9月3日
著者: U-Site編集部