ユーザビリティとは、製品やサービスが備える、UIの使いやすさの度合いを指す概念です。

ユーザビリティの定義

ISO 9241-11/JIS Z 8521における定義

ISO 9241-11:1998は、ユーザビリティの定義を行い、ユーザーの行動と満足度の尺度によって、ユーザビリティを規定又は評価する場合に、考慮しなければならない情報を、どのようにして認識するかを説明している国際規格です。ISO 9241-11は、JIS Z 8521:1999として国内規格となっています。なお、この中では、Usabilityは「使用性」と訳されています。

使用性
ある製品が、指定された利用者によって、指定された利用の状況下で、指定された目的を達成するために用いられる際の、有効さ、効率及び利用者の満足度の度合い。
有効さ
利用者が、指定された目標を達成する上での正確さ及び完全さ。
効率
利用者が、目標を達成する際に正確さと完全さに関連して費やした資源。
満足度
不快さのないこと、及び製品使用に対しての肯定的な態度。
利用の状況
利用者、仕事、装置(ハードウェア、ソフトウェア及び資材)、並びに製品が使用される物理的及び社会的環境。

Jakob Nielsen博士による定義

ユーザビリティの権威であるJakob Nielsen博士は、UIのユーザビリティは、以下の5つの特性からなる、多角的な構成要素を持っているとしています:

学習しやすさ
システムは、ユーザーがそれを使って作業をすぐ始められるよう、簡単に学習できるようにしなければならない。
効率性
システムは、一度ユーザーがそれについて学習すれば、後は高い生産性を上げられるよう、効率的な使用を可能にすべきである。
記憶しやすさ
ユーザーがしばらくつかわなくても、また使うときにすぐ使えるよう覚えやすくしなければならない
エラー発生率
システムはエラー発生率を低くし、ユーザーがシステム試用中にエラーを起こしにくく、もしエラーが発生しても簡単に回復できるようにしなければならない。また、致命的なエラーが起こってはいけない。
主観的満足度
システムは、ユーザーが個人的に満足できるよう、また好きになるよう、楽しく利用できるようにしなければならない。

(『ユーザビリティエンジニアリング原論』より)

インタラクティブシステムとは

インタラクションとは、ユーザーの操作・動作と、システムの変化・反応という、具体的な「やりとり」のことです。インタラクションデザインとは、ユーザーの操作・動作に対して、どのようにシステムを変化・反応させるかを設計することです。

インタラクティブシステムとは、ユーザーの操作や動作によって変化や反応があるシステムのことを指します。この「システム」には、ハードウェア、ソフトウェア、そしてサービスが含まれます。

黒須正明教授は、インタラクティビティという概念を次のように説明しています:

対話性(interactivity)という概念は、日本語では「やりとり」と考えれば理解しやすい。「やり」があり、それに対する「とり」がある。これは人工物に対する入出力ということである。すなわち、人工物に対する人間の操作や動作があり、それに対する人工物の変化や反応がある。人工物の変化や反応は、明確な場合もあれば、そうでない場合もある。また明確な変化や反応は、次の操作や動作を要求している場合もあり、そこに操作の系列が発生する。(『ユーザビリティ ハンドブック』より)

入力フォームのインタラクションの場合

たとえば、「ユーザーがフォームに情報を入力してボタンをクリックすると、その情報の確認画面が表示され、ユーザーがさらにボタンをクリックすると、その情報が送信されて『送信が完了しました』というメッセージが表示される」といったこともインタラクションの1つです。

以前のWebサイトでは、ユーザーがフォームに入力した情報がサイト設計者の想定どおりかどうかは、次の確認画面が表示されるまでわからず、エラーメッセージが表示されなくなるまで入力フォーム画面と確認画面を行き来しなければならず、非効率で、ユーザーが途中で諦めてしまう可能性も高いものでした。

しかし、現在のWebサイトでは、ユーザーがフォームに入力した情報がサイト設計者の想定と異なっていると、入力したその場で変更を促すメッセージが表示され、サイト設計者の想定どおりの情報に変更されればそのメッセージは消えるようになり、ユーザーが作業を効率的に完了しやすくなりました。

インタラクションの改善には、ユーザー視点の評価が必要

そうやって、技術的にはリアルタイムでフィードバックできるようになっても、サイト設計者の想定どおりの情報をユーザーに入力してもらうには、メッセージの表示内容や見せ方が適切でなければなりません。

たとえば、郵便番号を1文字入れた直後に「入力内容が不正です」と表示したり、全角数字やハイフンを入れても同じメッセージを表示すればいいというものではありません。

郵便番号なら、7桁入力されるであろう時間まで少し待って、それでも入力されないときに「郵便番号7桁を入力してください」などと、具体的な変更方法を指示したほうがよいでしょう。また、半角数字で入力してほしいのであれば、その入力欄には半角文字しか入力できないように制限したり、ハイフンが必要なくても一度は受け付けて、Webサイト側でハイフンをはずす処理をするなど、インタラクションには工夫の余地があります。そして、このデザインがうまく機能するかどうかは、ユーザー視点で評価する必要があります。

ユーザーの負荷を軽減し、効率的に目的を達成できるようにインタラクションを改善し、ユーザーの目的達成を支援することが、最終的に企業のビジネスを成功させることにつながるのです。


目次

  1. ユーザビリティ評価による、UIデザインの改善
    1. ユーザビリティとは
    2. ユーザビリティテスト
    3. アイトラッキング調査
    4. ヒューリスティック評価
    5. ウェブユーザビリティ評価スケール

公開: 2011年3月10日
著者: U-Site編集部