ウェブユーザビリティ評価スケール

ウェブユーザビリティ評価スケール(Web Usability Scale; WUS)とは、富士通とイードが共同で開発した、Webユーザビリティを定量的に評価するためのアンケート評価手法です。

Webユーザビリティに関する21項目について5段階評価質問を行い、それらの質問から生成される7つの評価因子でWebサイトのユーザビリティを評価します。

WUSの7つの評価因子

  • 内容の信頼性
  • 役立ち感
  • 操作のわかりやすさ
  • 構成のわかりやすさ
  • 見やすさ
  • 反応のよさ
  • 好感度

WUSの調査手順

ウェブユーザビリティ評価スケールとインターネットアンケートを組み合わせると、効率的な調査が行えます。WUSを使った調査手順は以下の通りです。

  1. Eメールやバナーを使って、回答者に調査協力を依頼する。
  2. 回答者にタスク(課題)を提示し、評価対象のWebサイトを実際に利用してもらう。
  3. タスク実行を確認するため、タスク完了確認質問を行う。
  4. WUSの質問21項目に回答してもらう。
  5. WUS評価因子得点を計算する。

ケーススタディ: WUSを使った、情報提供サイトの比較分析

背景と目的

主に女性をターゲットとした情報提供サイトAでは、アクセス数、会員数が伸び悩んでいました。満足度調査の結果も芳しくなく、カスタマーセンターへの問い合わせなどを分析した結果、ユーザビリティ面に問題があるのではないかという仮説を立てました。

競合サイトと比較したユーザビリティ上の問題点を把握し、サイト再設計の方向性を明らかにするためにウェブユーザビリティ評価スケールを用いた調査を行いました。

調査概要

調査手法
ウェブユーザビリティ評価スケールを用いたインターネットアンケート
有効回答者数
1サイト当たり約150人

分析結果

ウェブユーザビリティ評価スケール7因子のレーダーチャートは以下のようになりました。

  • 情報提供サイトにとって最も重要である「役立ち感」に対する評価が高くありません。提供しているコンテンツが、ユーザーニーズに適合していない可能性がありそうです。
  • 「構成のわかりやすさ」の評価も低いので、ナビゲーション等を改善したほうがよさそうです。
  • 消費者向けサイトでは「好感度」も重要です。ビジュアルデザイン面でも改良を行うべきでしょう。
  • 一方、同種サイトで最大手のCは、ほぼすべての因子でサイトAを上回り、またバランスがよいことが分かります。

まとめ

ウェブユーザビリティ評価スケールにより、サイトAは競合と比較して、役立ち感、構成のわかりやすさ、好感度などに問題があることが明らかになりました。

その後、サイトAでは全面的なリニューアルを行うために、再設計プロジェクトを立ち上げ、ユーザーニーズに基づきコンテンツ、デザイン、ユーザビリティを改善しました。

WUSは、短期間・低コストでユーザビリティ定量調査が行えるので、サイトの現状把握、競合分析、再設計の効果測定などに有効な評価手法です。

関連情報


目次

  1. ユーザビリティ評価による、UIデザインの改善
    1. ユーザビリティとは
    2. ユーザビリティテスト
    3. アイトラッキング調査
    4. ヒューリスティック評価
    5. ウェブユーザビリティ評価スケール

公開: 2012年11月21日
著者: U-Site編集部