Netscape 1.1のナビゲーション機能

ブラウザナビゲーション機能に関するコラムへの補足記事

Netscape 1.1には、以下9つのナビゲーションサポート機構が備わっている。

  • 絶対アドレスへの移動(URLを手入力)
  • ハイパーテキストリンク(下線のテキストやISMAPをクリックする)
  • パンくず(もしそれが指し示している先がすでに見たことのあるノードだと、下線テキストの色が変わる)
  • ランドマーク(「What’s Cool」のようなディレクトリボタン)
  • 後戻り
  • 履歴リスト
  • ブックマーク、ブックマークの注釈と構造化を含む
  • 予告ビュー(ユーザがジャンプする前に、フッタ部にパスとファイル名を含んだURLを表示する – 私たちの調査では、リンク先に何が表示されるのか予想するのに、この情報を利用するユーザがたくさんいることがわかった)
  • 非均質な視覚的手がかり(背景パターンは、原理的には、ユーザのナビゲーションの理解を深めるのに利用できるはずだが、ほとんどの場合、まったく無意味な使われ方をしている)

公開:1995年7月1日
著者:Jakob Nielsen

分類キーワード