評価対象者を見せた定性/定量調査を行います。発売前、開発中の商品を提示して調査を行うのに適しています。

会場アンケート(CLT)とは

会場アンケートでは実際の商品を提示しながら評価出来ます。そのため、発売前や開発中の商品の秘匿性を守りながら評価できます。また、実際の商品を実際に商品を見たり、触れたり、試用・試飲・試食した評価や感想等を回答してもらい、定性的/定量的データとして収集する場合に適した調査手法です。

何ができるか/ご利用想定シーン

  1. 開発初期段階における評価
    製品の開発初期段階において、現行製品や他社製品、コンセプト案やデザインモックアップなどを提示することにより、ターゲットユーザーのニーズとウォンツを抽出します。
  2. 発売前の価格/仕様決定のための調査
    製品の開発後期段階において、発売前モデルを競合モデルと比較することにより、妥当な値付けと仕様を検討することができます。実際に現物を見ながらの評価となるため、細かな質感の差や新機能の効用などを理解した上での評価が可能です。
  3. 発売後の競争力検証調査
    製品の発売後に、ターゲットユーザーにどのように評価されているかを知ることにより、今後の後継製品の開発に活用したり、現行製品のプロモーション戦略策定に活かすことができます。

公開: 2015年9月4日
著者: U-Site編集部