調査・分析手法

イードでは、一般的な手法から新しい手法にいたるまで、定性・定量問わず、幅広い調査・分析手法に対応し、お客様の様々なニーズにお応えします。

定性的手法

ターゲット層の理解

デプスインタビュー
意見の中身を、個人の生活背景や価値観、嗜好から理解する。
コンテキストインタビュー
ユーザーの利用行動とその背景情報を抽出する。
訪問インタビューエスノグラフィー
製品が使われている現場を知り、生活背景も含めて理解する。
評価グリッド法
個別の製品特性が、どのような心的価値/物的価値に繋がっているかを理解する。
ペルソナ・行動シナリオの作成ワークモデル分析
仮想のユーザー像=ペルソナの行動からデザインのコンセプトを描く。
フォーカスグループインタビュー(FGI)
比較的均質なグループにより気づきを深めたい/意見のバリエーションを把握する。

製品・サービスの評価

ユーザビリティテスト
プロトタイプから実際の製品にいたるまで、問題の発見を目的としたテストを実施する。
ヒューリスティック評価
問題点を発見・改善するために、経験豊富なユーザビリティエンジニアがインタフェースを評価する。

ポジショニングマップ
消費者の心の中でのプロダクトの類似性を把握する。

専門家による意見・評価

クリエイターワークショップ
異分野で活躍する人に意見を聞きく/商品開発やアイデア発想のコラボレーションをする。
デザイン発想支援
デザイン発想を活性化する。

定量的手法

インターネットアンケート
全国一斉の調査を、短期間かつ低コストで実施する。
会場アンケート(CLT)
提示物を見せて定量的/定性的評価を行う。
自動車クリニック
実物の自動車を見せて定量的/定性的評価を行う。
郵送調査
年齢や居住地域が広範囲にわたる対象者を調査する。
一対比較法
消費者の選好度合いを適切に測定・反映した対象物のランク付けを行う。
クラスター分析
マーケティング戦略の個別背景に対応して、最適な消費者セグメントを探索する。
共分散構造分析
消費者の”好き”の発生メカニズムを理解する。
集団AHP
消費者が何を基準にプロダクトを選ぶのか、消費者の重要度を考慮して、消費行動の決め手となる判断基準を分析する。
コンジョイント分析
消費者自身が自覚していない、購買行動や選好判断の要因を探る。
コレスポンデンス分析(数量化Ⅲ類)
消費者の心の中でのプロダクトの類似性を把握する。
ラフ集合
何をどうデザインすれば、どんな消費者に受けるかを探る。
テキストマイニング
自由記述単語の出現頻度と関係性を把握する。

公開:2015年5月14日
著者:U-Site編集部