潜在クラス分析では、データから潜在的なユーザセグメントを探索し、マーケットサイズ推定と各セグメントにおける製品評価構造を同時に分析します。

潜在クラス分析とは

潜在クラス分析とは、共分散構造分析による製品の評価構造分析とユーザーセグメンテーションを同時に行う分析手法です。これにより、セグメント毎における商品の総合評価に対し強い影響力を持つ視点や価値観・デザインイメージ・コンセプトを算出します。
また弊社では、定性的手法であるペルソナ法との組み合わせにより、詳細なユーザー像の理解その評価構造の把握市場構成比率の推定を同時に実現するソリューションを提案しております。

何ができるか/ご利用想定シーン

顧客を詳細に分類して、個別のセグメントに特化したアプローチを提案

潜在クラス分析を用いることで、製品に対する評価構造に違いのあるセグメントを抽出し、それぞれのセグメントのマーケットサイズを推定することが可能となります。また、下図のように要因間の結びつきの強さにより、セグメント間の違いを把握できます。

成熟して細分化が進んだ市場では、顧客の嗜好性を詳細に分類して、個々に特化したアプローチを行う顧客関係管理が重要となります。潜在クラス分析は潜在的な嗜好性をセグメント別に顕在化させることが可能ですので、消費者の嗜好を細部までとらえた商品企画に貢献します。

アウトプット例

セグメントAでは「高級感」、セグメントBでは「シンプル」がデザインの魅力度に影響が一番強く影響していることが見て取れます。例えばセグメントBでは、シンプルなイメージを表現することが消費者の評価向上に貢献し、さらに「一体感がある」という視点がシンプルを表現するのに重要であると解釈できます。

セグメントAの市場比率が19%であるのに対し、セグメントBは50%を越えています。市場規模から考えると、セグメントBでのシンプルなイメージを持った商品企画のプライオリティが高そうです。

公開: 2015年11月2日
著者: U-Site編集部