イードの調査業務

イードは、お客様のご要望・問題意識を詳しく伺った上で、幅広いサービスメニューから提供サービスを選択・設計してご提案いたします。

調査メニュー

UXデザイン/ユーザビリティ調査

イードでは、企画・開発段階から人間中心設計(HCD)プロセスを導入して、インタフェースだけでなく、製品、サービス全体のユーザーエクスペリエンスの実現をトータルでサポートいたします。

デザイン関連調査

イードはデザイン活動の各ステージにおける最適な方法をご提案することで、お客様と市場のニーズのベストマッチング、さらには新しい市場の発見・開拓をサポートします。

市場調査・アンケート調査

お客様のマーケティングニーズに対する最適な調査・分析手法をご提案すると共に、その企画・設計から実査・分析・提言にいたる各フェーズを、お客様のご要望に応じてサポートします。

海外調査

イードが構築するグローバルな組織的・人的ネットワークにより、日本から海外、海外から日本を含むアジア、という両方向のリサーチニーズにワンストップでお応えします。

イードの調査業務の特長

イードは、企画者と市場のインターフェースとして、課題解決型のリサーチ&コンサルティングサービスを提供します。

Interface in Design

イードは、市場調査とコンサルティングを通じ、企画者と市場のインターフェースとなり、お客様のあらゆる業務フェーズでの活動をサポートします。

課題解決型

イードは、お客様の顕在的・潜在的な課題を解決するため、お客様のご要望・問題意識を詳しく伺った上で、提供サービスを設計・提案します。

充実の人的リソース

イードには、UXデザイン/ユーザビリティ、プロダクトデザイン、データ分析など、様々な分野に深い知見を持った専門スタッフが多数在籍しています。

四半世紀に渡る調査実績

1990年に設立後、イードは、自動車関連、家電、情報機器、ITサービス、一般消費財など、幅広い業界業種での調査の実績を重ねてきました。

特長の詳細

調査・分析手法

イードの調査は、定量/定性問わず、20種類以上の調査・分析手法から、お客様の様々なニーズに合った手法をご提案・ご提供します 。

一般的な手法から新しい手法にいたるまで、幅広く対応しており、お客様のニーズから適切なアプローチ方法を導き出すことができます。

その他の調査・分析手法

調査パネル

日本国内アンケートパネル

イードの日本国内のインターネットアンケート調査パネルは、イードのインターネットアンケートサイトの会員により構成される「あんぱらパネル」16万人の他、提携・協力パネルの利用により、約600万人の調査パネルを確保。多様な市場調査ニーズにお応えします。

海外アンケートパネル

欧米諸国、BRICs、東南アジア、中東地域等、全世界2000万人以上の提携・協力パネルに対してインターネットを利用した市場調査を実施できます。 日本国内と同じアンケートシステムを利用するため、複数国調査の場合においても安定した調査品質を実現できます。

調査レポート販売

2015年4月の「機能性表示食品制度」施行に先立ち、機能性表示食品の利用が増えることを見据えて、農林水産物や加工食品、食材についても消費者の傾向を調査した、「食品・飲料の購入実態と機能性表示食品制度に関する意識調査」のレポートを販売中です。

調査レポート販売の詳細

公開:2015年10月22日
著者:U-Site編集部