黒須正明教授について

放送大学客員教授、人間中心設計推進機構(HCD-Net)名誉理事長。

ヒューマンインタフェース、特にユーザビリティユーザエクスペリエンス感性工学などを研究している。また、経験工学(experience engineering)を提唱している。

黒須正明教授

略歴

1971年、早稲田大学第一文学部心理学科卒業。
1973年、同大学院修士課程修了。
1978年、同大学院博士課程単位取得満期退学。
同年、(株)日立製作所入社、中央研究所に勤務。
1988年、同社デザイン研究所に異動。
1996年、静岡大学情報学部教授。
2001年9月、文部科学省メディア教育開発センター(2005年4月より独立行政法人になり、2009年4月に学校法人放送大学に併合)に教授として赴任。
2017年3月、放送大学を定年退職。

参考リンク

(2017年4月3日更新)

「黒須教授のユーザ工学講義」コラム一覧に戻る

公開: 2011年3月16日
著者: U-Site編集部