新入社員が、項目間の関係がひと目でわかるコレスポンデンス分析をやってみた

イードに入ったばかりの新人社員が、タレント40名のイメージ調査を実施し、調査結果に対してコレスポンデンス分析によってタレントのイメージの関係を分析してみました。

調査概要

私は2019年4月に新卒でイードに入社し、日々リサーチについて勉強しています。今回の調査は、私が、調査の実施や集計ソフトの使い方、コレスポンデンス分析を理解することを目的に、先輩が2015年に行ったタレントイメージ調査(女性タレント編男性タレント編)と同じ形で実施しました。

調査では、全国に住む20歳以上の男女に対して、女性タレント・男性タレントそれぞれ20名の名前を提示しました。対象となるタレントは、2019年7月現在放送中の連続ドラマ・CMに出演している有名タレントから選出しました。その中から知っているタレントを回答してもらったあと、そのタレントに抱いているイメージについて、「かわいい」「かっこいい」などの20個のイメージワードの中から当てはまるものを選んでもらいました。

また、調査結果に対してコレスポンデンス分析を用いて、タレントのイメージ・イメージワードの関係を分析しました。コレスポンデンス分析とは、複数の変数を同一マップ上に表し、類似性・関係性が高いものほど近くにプロットする手法です。

調査手法
インターネットアンケート
調査期間
2019年8月9日~8月12日
調査対象
20代/30代/40代/50代/60代以上
回収方法
性年代で均等割り付け
有効回答数
500
調査企画・実施
株式会社イード

女性タレント認知度、不動の第1位は…

提示したタレントに対して「知っている」と回答した人の割合による認知度ランキング1位は、2015年に行った前回調査でも1位となっていたベッキーさん(89.9%)。続いて2位は深田恭子さん(88.8%)、3位は綾瀬はるかさん(88.6%)という結果となりました。

全体として女性回答者の方が多くのタレントを認知しているようです。なお、女性回答者では松嶋菜々子さんが1位でした(94.1%)。

女性タレント 認知度ランキング(総合)

女性タレント 認知度ランキング(男性回答者・女性回答者)

男性タレント認知度1位は、女装家のあの人

男性タレントの認知度1位はマツコ・デラックスさん(89.9%)、2位は出川哲朗さん(89.0%)、3位は福山雅治さん(88.8%)でした。女装家のマツコ・デラックスさんとお笑い芸人の出川哲朗さんは主にバラエティ番組で活躍されています。

また、3位の福山雅治さんのほか、6位の阿部寛さん(86.4%)・9位の唐沢寿明さん(84.9%)など40代以上の役者として活躍されているタレントもランクインしています。

男性タレント 認知度ランキング(総合)

男性タレント 認知度ランキング(男性回答者・女性回答者)

好きな女性タレント1位は、『恋ダンス』が話題になった…

対象者が認知しているタレントに対して「好き」と回答した人の割合による、好きな女性タレントランキング1位は『コード・ブルー』『逃げるは恥だが役に立つ』など人気作に多数出演した、新垣結衣さん(17.2%)でした。回答者の男女別に見ても男性回答者で1位(16.6%)、女性回答者で2位(17.7%)と高い評価となり、男女双方から人気といえます。

続いて、2位は綾瀬はるかさん(14.6%)、3位は深田恭子さん(14.1%)となりました。

また広瀬すずさんは男性からの人気が高く、11.5%が好きと回答していました。しかし女性回答者は4.3%と、男性回答者と比べ7.2ポイント低い結果となり、男女での違いが見られます。

好きな女性タレントランキング(総合)

好きな女性タレントランキング(男性回答者・女性回答者)

好きな男性タレントは、回答者の性別で違いが…

好きな男性タレント、1位はマツコ・デラックスさん(12.7%)、2位は阿部寛さん(10.5%)、3位は大泉洋さん(9.5%)でした。マツコ・デラックスさんは、認知度と合わせて2冠です。

女性回答者は、2位の田中圭さん(12.6%)、5位の瀬戸康史さんなど、若手俳優を多く好きだと回答しているようです。一方で男性回答者は、5位の出川哲朗さん(5.9%)、6位の松岡修造さん(5.7%)など、個性的なキャラクターのタレントが好きだと回答している人が多かったです。

好きな男性タレントランキング(総合)

好きな男性タレントランキング(男性回答者・女性回答者)

才能を感じるタレントの特徴は…

認知しているタレントに対して「才能がある」と回答した人の割合による、“才能を感じる”ランキングでは、女性タレントの1位に芦田愛菜さん(23.0%)、4位に志田未来さん(12.9%)、男性タレントの1位に神木隆之介さん(24.1%)と、子役時代から活躍している方が上位にランクインしました。大人顔負けの演技を見て、”才能を感じる”と感じる人が多いのかもしれません。

また、ひとつのジャンルにとらわれずに活躍している方もランクインしています。

女性タレント2位には芸能一家としても有名な松たか子さん(13.9%)がランクインしました。松さんは、女優・歌手・声優・日本舞踊家として、その活躍の場は多岐に渡ります。

また、ワールドツアーを敢行するほど世界的に人気のあるお笑い芸人の渡辺直美さんが3位(13.7%)にランクイン。2020年にはミュージカル『ヘアスプレー』での主演も決定しており、お笑い芸人としての国内外での活動にとどまらず、歌や演技など多方面での活躍が期待されています。

男性タレントでは3位には福山雅治さん(17.5%)がランクインしました。福山雅治さんは、歌手として『桜坂』などのヒット曲を数多く歌っているだけでなく、俳優業でも『ひとつ屋根の下』『そして父になる』など多くの人気作品に出演しています。

“才能を感じる”ランキング(総合)

コレポンで見る、イメージワードの類似性

以下の図は、認知しているタレントに当てはまるイメージワードを回答者の男女別にコレスポンデンス分析した結果です。

コレスポンデンス分析では、類似の項目は近くに、異質な項目は遠くにプロットされ、数字だけでは分からない項目間の関係性を視覚的に捉えることができます。今回のような人物の他、競合他社と自社の商品を比較して違いを可視化したいときなどに用いられます。略して「コレポン」と呼ばれることもあります。

まずは、女性タレントに対する回答者の男女別コレポンマップです。この結果を見てみると、大きく「面白い」、「かっこいい」「品のある」、「かわいい」「癒しを感じる」の3方向にプロットされました。似ているワードは同じ方向にプロットされるので、「かっこいい」≒「品のある」、「かわいい」≒「癒しを感じる」とイメージされるようです。

女性タレント コレポンマップ(回答者の性別ごと)

続いて男性タレントです。大きく「渋い」「風格のある」、「楽しい」「面白い」の2方向にプロットされました。上記の2つに比べると弱いものの「素直な」「癒しを感じる」、「かっこいい」「セクシー」の2方向にも伸びている傾向にあるようです。男性タレントでは「渋い」≒「風格のある」と、「面白い」≒「楽しい」となっているようです。

男性タレント コレポンマップ(回答者の性別ごと)

イメージが固まっているタレント、年代ごとに異なるタレント

次に、回答者の年代別にコレスポンデンス分析を行いました。

女性タレントでは、渡辺直美さんは「面白い」、菜々緒さんは「かっこいい」「風格のある」、広瀬すずさんは「かわいい」と、年代に関係なくイメージが固まっているようでした。

一方で年代ごとに異なるイメージがあるタレントもおり、有村架純さんは、40代・50代が他の年代に比べてより「かわいい」と思っていることが読み取れます。

また、吉田羊さんは年代が上がるにつれて「かっこいい」「頼れる」から「個性的」にイメージが寄っています。

上戸彩さんは30代には「親しみやすい」、40代には「素直な」、60代以上には「天然な」と、持たれているイメージが年代によってばらつきがあることが分かりました。

女性タレント コレポンマップ(年代ごと)

男性タレントでは、マツコ・デラックスさんは「面白い」「個性的」、阿部寛さんは「頼れる」、三浦春馬さんは「かっこいい」と、全年代でイメージが固まっていました。

一方で、吉田鋼太郎さんに対しては60代以上で特に「渋い」と感じている人が多く、田中圭さんに対しては、20代は「癒しを感じる」、30代・40代は「明るい」、60代以上は「面白い」と、それぞれの年代でイメージが異なるようです。

男性タレント コレポンマップ(年代ごと)

調査・分析をやってみて

私は、今回はじめて、ネットアンケート調査をして、集計とコレスポンデンス分析を行いました。

コレスポンデンス分析時、クロス集計表を専用のソフトにかける際にいくつかルールがあり、そのルールを忘れてしまうとエラーが出てしまうので、やり直しを重ねながら少しずつ仕上げていきました。

さらに、タレントとイメージワードの関係性を明らかにするだけではなく、回答者の属性別で関係性に違いがあるのか細かく分析し、特徴のある結果を記事にしました。

数字を見ているだけでは分からない傾向や、項目ごとの距離感が可視化できるコレスポンデンス分析は、タレントの比較だけでなく、飲食店・家電・自動車など、比較対象があればどんな分野でも実施可能です。

また、イードではコレスポンデンス分析以外にもさまざまな手法で調査可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください!

イードへのお問い合わせ
イード(iid.co.jp)へ移動します

公開: 2019年9月12日
著者: U-Site編集部