コーヒーの新たな波、Cold Brew On Tap

今、アメリカでは、コーヒーをビールサーバーから注ぐ「Nitro Cold Brew」が注目されています。日本のスターバックスでも一部の店舗で先行発売されていますが、ここでその人気ぶりをご紹介します。

日本ではコールドブリュー(水出しコーヒー)はコーヒー好きな人に長く人気ですが、アメリカではにわかにCold Brewが人気になってきています。特にスターバックスがその人気を牽引していますが、何といっても単に水出しではなく、ビールのサーバー(Tap)から注ぐことで窒素ガスを加え、「まろやかな口あたりとクリーミーな味わいが生まれる」(スターバックス)そうです。この窒素ガスを加えた水出しコーヒー(Nitro Cold Brew On Tap)がアメリカでウケる理由を考察してみました。

コーヒーなのになぜ、ビールサーバーから注ぐのか

Cold brewに窒素ガスを入れるのにベストな手法がビールサーバーを使うことだったから、と言ってしまえばそれまでですが、単にそれだけではない理由があるのではないか?と勘ぐって考察してみました。

アメリカでは、ここ数年クラフトビールが人気だと言われています。特にミレニアル、女性、ヒスパニックの間で人気があるという記事もあります(Today’s Craft Beer Lovers: Millennials, Women and Hispanics – Brewers Association)。

弊社があるLos Angelesのトーランスのエリアでも、クラフトビールを提供するお店がここ1年でかなり増えました。例えば、こちら、Zymurgy Brew Works & Tasting Room。ビールと言えば、Tap。しかもビールサーバーから注いで飲むのは格別ですよね。

図
What’s On Tap – Zymurgy Brewより。

ビールはワインに代わって、ミレニアルに人気を博していますが、このTapから好きな銘柄を注いで飲むというスタイルがクールなのではないか、と思います。

Tapから注ぐコーヒーは、味だけでなくオトナ体験も提供しているのかもしれない

まず、Tap はインテリア的な視点からも格好がいいかもしれません。下の写真は、スターバックスの店内でのTapの設置例です。下記の写真のスターバックスでは偶然かもしれませんが、顧客が飲み物を受け取るカウンターに一番近いところにTapが設置されて、外から見えるようになっています。

図
スターバックスの店内でのTapの設置例。

また、店内のサインボードには、このようにDraftという文字が踊り、まるでビールを売っているかのようです。コーヒー店がバーのようなイメージも醸し出すことで大人っぽさを狙っているのかもしれませんね。こんなテイストも、ミレニアルには好まれるのではないでしょうか。

図
スターバックス店内のサインボードには、Draftという文字が踊っている。

Cord Brew On Tapの波はスターバックスに限った話ではなく、小さな街のサンドイッチ店でさえ、この様にCold Brew Tapを設置しているところが増えてきています。「Tapから注いでもらう」という体験もこの商品の付加価値となるわけです。カップに注いでしまえば変わらないのかもしれませんが、お酒を飲めない人でもできる大人っぽい体験が、背後にある価値の一つであることは間違いないでしょう。

図
小さな街のサンドイッチ店でさえ、Cold Brew Tapを設置しているところが増えてきている。

このように、Cold Brewというアメリカ市場的には新しい飲み物に、Nitro、Draft、Tapというような装飾を被せることで、ミレニアルにウケる体験を組んだストーリー作りをしている点で、非常に興味深い商品ではないかと思います。

商品開発のための現地実態調査

イードの米国子会社・Interface in Design, Inc.は、どのような製品に関してもフレキシブルなスタイルで、アメリカをはじめとした世界各国で調査を実施することが可能です。例えば、現地情報を出張せずに現地の状況を把握することも出来ます。

皆様の会社の商品企画や開発、デザイン部の方々が、現地向けの商品を開発する際の一助(マーケットの状況や、製品の使用状況などを通した仮説の抽出など)としていただけるはずです。

ご希望に応じてプレインタビューを加えたり、観察調査を加えるなどのオプショナルサービスも提供可能ですので、下記よりお問合せ下さい。

イードへのお問い合わせ
イードのコーポレートサイトへ飛びます

森原悦子
著者(森原悦子)について
Interface in Design, Inc. COO/President。
武蔵野美術大学卒。インダストリアルデザイナーなどとして活躍後、旧イードに入社。定性調査やエスノグラフィーといった手法を得意とし、クライアントのグローバルな商品開発のコンサルティングリサーチを多く手がける。2011年8月より現職。

公開:2017年7月24日
著者:森原悦子

分類キーワード