日本におけるシニアの暮らし実態調査(写真集)

イードは、商品開発のための現地実態調査の一例として、日本におけるシニアの暮らしの実態を調査し、それをレポート(写真集)としてまとめました。このような調査によって、消費者の生活実態を、出張することなく効率的・簡易的に把握することができます。

株式会社イードは、このたび自主調査としてシニアの暮らし実態調査を実施し、その写真集をリリースいたしました。

この調査は、日本のシニア層の方々が、どのような暮らしをしているのか、どのような観点、視点で家電製品を選んでいるのかを効率的に把握するための調査となります。

簡易的に消費者の生活がわかる調査

実施方法として、シニアのアンケートパネルの中から該当者を絞り込み、メールにて協力内容を伝達・依頼します。対象者は、そのお題に沿った写真を撮り、質問に対する答えのコメントとともに、送りかえします。今回は65歳以上の男女5名に依頼を行い、リビング、キッチン、かばんの中身、テレビ、洗濯機についての写真とコメントをいただきました。

この調査のメリットとして、担当者(リサーチャー)が日本各地のシニアのお宅に直接伺うことなく、効率的な調査が可能となります。そのため皆様の会社の商品企画や開発、デザイン部の方々が、シニアターゲット向けの商品を開発する際の一助(使用状況から仮説の抽出など)としていただけるはずです。

キッチン1

キッチン2

キッチン3
(写真例:キッチン)
リビング
コメント例(リビング)
・こだわりは家具を出来るだけ少なくして広くすっきり感じさせること
・満足している点はすっきりしていること
・不満な点として、ソファーが大きすぎるので、もっと小さくて座り心地が今と変わらないのが欲しい
・テレビが見やすいように真ん中において、部屋のどこからでも見えるようにしたかった

ただいまお問い合わせいただきました皆様に、無料にてレポートを提供いたします。
※ PDFにてお送りいたします。

本調査では、対象国・地域を日本全国に、ターゲットをシニアの方にしておりますが、イードでは世界各国で、どのような製品・ターゲットに関しても同様の調査を実施することが可能です。さらに、インタビューを追加する、観察調査を加えるなどのオプショナルサービスも提供可能ですので、下記のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

本案件に関するお問い合わせ

イードへのお問い合わせ
イードのコーポレートサイトへ飛びます

調査概要

調査手法
シニアの対象者による写真撮影
調査期間
2015年7~8月
調査対象者数
5名(65歳以上の男女)
調査対象
各対象者のリビング / キッチン / よく持ち歩いているカバンの中身 / テレビ / 洗濯機
※上記対象それぞれに、こだわり、満足点、不満点、デザインで好きなところ、
なぜそれを購入したのかなどのコメントをつけてもらう
調査対象地域
日本全国
調査企画・実施
株式会社イード

公開:2015年10月16日
著者:U-Site編集部

分類キーワード: