メールマガジン配信中です

現在、U-Siteでは、サイトの更新情報をメールマガジンで配信しています。新着記事がある程度蓄積したところでまとめてお知らせします。U-Siteの最新情報を逃さずご覧になりたい方はぜひご登録ください。

  • U-Site編集部
  • on April 6, 2021

いつもU-Siteをご覧いただきましてありがとうございます。

現在、U-Siteでは、サイトの更新情報を、TwitterFacebookRSSフィードに加え、メールマガジンでも配信しています。

メールマガジンでは、新着記事がある程度蓄積したところでまとめてお知らせします。現在、1か月に1回の頻度で配信しています。

「U-Siteの更新を会社でチェックしたいけどTwitterやFacebookはできない」という場合、このメールマガジンなら最新情報を逃さずご覧いただけて便利です。

メルマガ配信先アドレスを登録
イード(mds.iid.jp)へ移動します

実際に配信したメールマガジンの例

Subject: 【U-Site】豊かなUXのためのデザインを考える「U-Site」 2021年04月06日

U-Site編集部です。

ゲシュタルト心理学の法則の1つ、「共通領域の法則」について解説した記事を3月30日に公開しました。
https://u-site.jp/alertbox/common-region/
法則の名前は聞いたことがあるけれど、それをUIのビジュアルデザインにどう応用すればいいのかよくわからない、というときの参考にしていただければと思います。

ゲシュタルト心理学の他の法則、「近接の法則」については4月2日に公開済みで、「類同の法則」についても近日公開予定です。

以下は先月1か月間に公開した記事一覧です(公開後7日間の累計ページビューが多かった順)。
未見の記事はこの際にぜひご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 先月公開の記事一覧 ■                 2021年04月06日
─────────────────────────────────────
   豊かなUXのためのデザインを考える「U-Site」の新着記事一覧です
              https://u-site.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第1位

<ニールセン博士のAlertbox>
3種類のペルソナ:軽量型、定性型、統計型
https://u-site.jp/alertbox/persona-types/
ほとんどのチームは、ペルソナの作成に定性的なアプローチで取り組むと労力と価値のバランスがうまく取れる。
しかし、非常に大規模な組織や小規模な組織の場合は、それぞれ統計的なアプローチや軽量化したアプローチを取るとメリットがあるかもしれない。
(3月26日)

─────────────────────────────────────

第2位

<ニールセン博士のAlertbox>
UX調査における評価尺度: リッカート尺度かSD法か
https://u-site.jp/alertbox/rating-scales/
リッカート尺度とSD法は、製品、サービス、エクスペリエンスに対する態度を調べるために利用される手段だ。
しかし、状況によっては、一方が他方よりもうまく機能することもある。
(3月22日)

─────────────────────────────────────

第3位

<ニールセン博士のAlertbox>
共通領域の法則:コンテナがグループを作る
https://u-site.jp/alertbox/common-region/
ビジュアルデザインでは、同じ境界内の要素は関連があると認識される。
(3月30日)

─────────────────────────────────────

第4位

<ニールセン博士のAlertbox>
リモートチームのジャーニーマップ作成: デジタルテンプレート
https://u-site.jp/alertbox/journey-map-digital-template/
コラボレーションスプレッドシートは、カスタマージャーニーマップをバーチャルで作成するための効率的で有効なツールである。
提供されているフォーマットと構造のおかげで、ほとんどすべての人がアクセスできるし、容易に利用可能だからだ。
(3月16日)

─────────────────────────────────────

第5位

<黒須教授のユーザ工学講義>
HCD-Netの未来に向けて-2/2
https://u-site.jp/lecture/hcd-basic-knowledge-2/
HCD-Net(人間中心設計推進機構)から2020年11月24日に「人間中心デザイン基礎知識体系」が公開された。
その内容をみると、首をかしげざるを得ない箇所が多かった。
そこで、今回は(前回に引き続いて)、その基礎知識体系について批判的検討を行うことにしたい。
(3月12日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

HCD(人間中心設計)を導入することで、ユーザーのニーズに沿った製品・サービス開発が可能です。
ぜひお気軽に、ユーザビリティ評価やサービスデザインについてお問い合わせください。
https://u-site.jp/usability/

─────────────────────────────────────

管理・運営:   株式会社イード リサーチ事業本部
お問い合わせ: https://www.iid.co.jp/contact/usite_contact.html
※このメールは送信専用のため、ご返信いただけません。

●今後、本メールの配信停止をご希望の方は、下記URLよりご連絡ください。
https://u-site.jp/mail-magazine/

─────────────────────────────────────

Copyright (C) IID, Inc.
掲載記事の無断転載を禁じます。

UXデザイン、Webユーザビリティマーケティングリサーチなどにご興味のある方は、ぜひご登録ください。

メルマガ配信先アドレスを登録
イード(mds.iid.jp)へ移動します