UXプロトタイプ:低忠実度か高忠実度か

ニールセン博士のAlertbox (4月10日)

クリック可能か静的か。Axureかペーパーか。だが、利用するプロトタイピングツールが何であれ、有効なユーザー調査のためにユーザーインタフェースのプロトタイプを作成するときのヒントは同じである。 [記事全文

このキーワードについて

アジャイルとは、迅速で柔軟な対応ができる、軽量なソフトウェア開発手法群の総称です。
アジャイルな開発の中では、プロトタイプの作成、検証(テストと問題点の洗い出し)、プロトタイプの変更を繰り返す、反復デザインを行ないます。

ユーザー調査のないUXは、UXではない

ニールセン博士のAlertbox (2014年9月18日)

UXチームの責務は、ユーザーにとって望ましいエクスペリエンスを作り出すことである。にもかかわらず、ユーザーを開発プロセスに巻き込んでいない組織は多い。顧客からのインプットがない組織は役に立たないインタフェースを作り出してしまう危険がある。 [記事全文

アジャイル世界でのUXの実践: ケーススタディでの発見

ニールセン博士のAlertbox (2014年8月5日)

アジャイルチームはアジャイル開発プロセスの実行という点では非常に優れている。しかし、時間に追われるために、ユーザー調査をあきらめたり、結果としてユーザーエクスペリエンスの質を下げてしまうこともある。 [記事全文

アジャイルユーザーエクスペリエンスプロジェクト

ニールセン博士のAlertbox (2009年11月4日)

アジャイルプロジェクトはまだ十分にはユーザー主導になっていないが、最新の調査によれば、開発者の方が実際のところ、UX関係者よりもユーザーエクスペリエンス(UX)の重要な課題に対しては楽観的だった。 [記事全文

アジャイル開発プロジェクトとユーザビリティ

ニールセン博士のAlertbox (2008年11月17日)

アジャイルメソッドは、従来の開発におけるユーザビリティの障害を克服することが目的である一方、ユーザーエクスペリエンス(UX)の質に新たな脅威をもたらしている。その一方、アジャイルのアプローチを変更することによって、苦労することなく効果が得られることを多くの企業が認識している。 [記事全文