プラットフォーム

マイクロソフトのユーザビリティへの取り組み

黒須教授のユーザ工学講義 (2014年12月8日)

マイクロソフトが新奇性を追い求めた結果、その製品の使い勝手が損なわれている。マイクロソフトには、膨大な数のユーザに責任ある態度を示し、もっと質の高い製品にしていくことが必要だろう。

このキーワードについて

Microsoft Windows、Apple iOSなどのプラットフォームについての記事をまとめています。

「勝手にユーザビリティ評価#1: Microsoft Surface 初見編」の記事画像

勝手にユーザビリティ評価#1: Microsoft Surface 初見編

UXリサーチ (2012年12月21日)

日本では未発売のMicrosoft Surfaceを購入し、イード社内で触ってみました。Windows 8/RTのメトロUIは、GUIクロームを極力排除したシンプルで平面的なUIが特徴的ですが、実際に触ってみるとユーザビリティ上の問題がいくつか浮かび上がってきました。

「ICTの七不思議(前編): ETC、SUICA、マイクロソフト、アップル」の記事画像

ICTの七不思議(前編): ETC、SUICA、マイクロソフト、アップル

黒須教授のユーザ工学講義 (2012年11月27日)

昨今のICTの世界における七不思議を、前編・後編に分けてリストアップしてみる。前編の今回は、「ETCを使わない車」「SUICAを持っていない人たち」「何を考えているのかマイクロソフト」「結局7インチを認めたアップル」の4つを取り上げる。

インタフェースの一貫性と知的所有権

黒須教授のユーザ工学講義 (2003年11月3日)

今年になって特許庁の委託によって「デザインの戦略的活用に即した意匠制度のあり方に関する調査研究委員会」が編成され、委員として参加している。 最近は良く知られるようになったが、知的所有権には、著作権(表…

マイクロソフトの功罪

黒須教授のユーザ工学講義 (2001年1月9日)

パソコンのOSや基本アプリケーションの領域が今やマイクロソフトに実質的に支配されつつあるいることは、ここで改めて指摘するまでもないだろう。Windowsはもちろんのこと、WordやExcelやOutl…