遠いところにいるユーザ

黒須教授のユーザ工学講義 (4月12日)

ユーザ調査では実際のユーザの協力が必要である。特に、製品やサービスの実ユーザを特定して行う、開発後のユーザ調査(UX評価)で得られる情報は大変貴重で、本当のUXの情報とみなすことができ、そこから、開発のための貴重な知見を得ることができるものである。

このキーワードについて

ユーザビリティテストユーザー調査への協力者を募る方法についての記事をまとめています。

フィールドワーク調査の謝金

黒須教授のユーザ工学講義 (2014年2月10日)

文化人類学などのフィールドワーク調査では、インフォーマントに謝金を渡していなかったようだ。しかし製品開発などのために行う場合には、インフォーマントには適切な額の謝金を渡す方がむしろ良いと思われる。

テストユーザのリクルーティングをアウトソースすべき場合

ニールセン博士のAlertbox (1998年5月3日)

※ユーザテスティングのコストに関するコラムへの補足記事 (テストユーザの)リクルーティングは、フォーカスグループ企業にアウトソース(そのコストは5ユーザで1000ドル以下)しても構わないとした私の主張…