「原典への旅(2):KJ法と『発想法』その2」の記事画像

原典への旅(2):KJ法と『発想法』その2

黒須教授のユーザ工学講義 (7月17日)

今回は、KJ法の基本的性質やその手順について改めて紹介しておくことにする。KJ法を、単なるカードの寄せ集め技法と思ってしまわず、その背景にある考え方も知っていただきたい。

このキーワードについて

製品やサービスの実際の利用者がどのような環境で製品やサービスを利用しているのか、また、今後ターゲットとなるような人がどのようなニーズを持っているのかなどを把握する調査です。

コンテキストインタビューエスノグラフィーなどの方法で調査します。

原典への旅(2):KJ法と『発想法』その1

黒須教授のユーザ工学講義 (7月13日)

ポストイットで情報をまとめるKJ法は今では広く使われている。またaffinity diagramや親和図法という表現を耳にした読者も多いことと思う。皆ほとんど同じことなのだが、今回はそのあたりの謎解きに迫る。

「『UXリサーチの道具箱』」の記事画像

『UXリサーチの道具箱』

書籍紹介 (6月18日)

日本を代表するUXリサーチャ・樽本徹也さんの最新作『UXリサーチの道具箱-イノベーションのための質的調査・分析』は、「ユーザを知るために、こんな道具(手法)があるんだ」と知るためのとっかかりとしておすすめの書籍です。

遠いところにいるユーザ

黒須教授のユーザ工学講義 (4月12日)

ユーザ調査では実際のユーザの協力が必要である。特に、製品やサービスの実ユーザを特定して行う、開発後のユーザ調査(UX評価)で得られる情報は大変貴重で、本当のUXの情報とみなすことができ、そこから、開発のための貴重な知見を得ることができるものである。

「ワークショップを快適に行うためのグッズ10選」の記事画像

ワークショップを快適に行うためのグッズ10選

UXリサーチ (2017年10月5日)

弊社・株式会社イードでは、デザイン思考を実践する一環で、ワークショップの運営・ファシリテーションの支援も行っています。今回は、弊社が普段利用するワークショップグッズをご紹介します。

「日本におけるシニアの暮らし実態調査(写真集)」の記事画像

日本におけるシニアの暮らし実態調査(写真集)

UXリサーチ (2015年10月16日)

イードは、商品開発のための現地実態調査の一例として、日本におけるシニアの暮らしの実態を調査し、それをレポート(写真集)としてまとめました。このような調査によって、消費者の生活実態を、出張することなく効率的・簡易的に把握することができます。

プランニングと問題点

黒須教授のユーザ工学講義 (2015年9月14日)

シナリオやジャーニーマップはあくまで企画の手段であり、実際の評価を得てマイナス要因を排除する仕組みが必要である。今回は、あるアミューズメントパークのアトラクションを体験するユーザがどのような経験ジャーニーをたどるかを例として考えてみた。

「カスタマージャーニーマップについての簡単なまとめ」の記事画像

カスタマージャーニーマップについての簡単なまとめ

UXリサーチ (2015年8月12日)

良質なUXを提供するためには、全プロセスでユーザーとの接点を最適化する必要があります。カスタマージャーニーマップとは、ユーザーのサービス利用体験すべてを可視化することで、ユーザー理解を深めるためのツールです。