コーポレートサイト

「興味深い事実がWebページに人を引きつける」の記事画像

興味深い事実がWebページに人を引きつける

ニールセン博士のAlertbox (2013年6月24日)

ユーザーがオンラインで探し求めているものは、事実である。したがって、事実を豊富に含むコンテンツは読者を引きつけ、注意を引き続けることができる。

企業ブログ: トップページの構成

ニールセン博士のAlertbox (2010年8月9日)

記事の要約を多数提示することによって、記事全文を提示するより、ユーザーを引きつけられる可能性は高い。記事全文を載せてしまうと、読者の興味を急速に失わせることになりかねないからである。

「企業サイト上の投資家向け情報」の記事画像

企業サイト上の投資家向け情報

ニールセン博士のAlertbox (2009年5月25日)

個人投資家はあまりにも複雑なIRサイトに怖気づき、財務データのシンプルなサマリーを欲しがっている。個人投資家も投資専門家も、共に必要としているのは、企業自体のstoryとその投資ビジョンである。

「About Us ページのユーザビリティ」の記事画像

About Us ページのユーザビリティ

ニールセン博士のAlertbox (2008年9月29日)

Webサイトの About Us のページのユーザビリティは、過去5年間に渡り 9%向上したことが分かった。しかし、企業や組織の数々は依然として自らの活動を一つの段落で説明できていない。

WebサイトでのPR:ユーザビリティの向上

ニールセン博士のAlertbox (2003年3月10日)

企業ウェブサイトの PR エリアで情報を探すジャーナリストを対象にした新しい調査では、2001 年の同じ調査と比較して、ユーザビリティがいちじるしく向上していることがわかった。成功率は 5 %向上、ガイドラインへの適合率は 15 %向上していた。

ホームページユーザビリティの最重要ガイドライン10カ条

ニールセン博士のAlertbox (2002年5月12日)

企業ホームページは、全世界に対する企業の顔であり、訪問ユーザの大部分にとっては出発点となる。ホームページを改善すれば、全体的なウェブサイトでのビジネス価値が倍増する。ホームページユーザビリティの主要ガイドラインに従う価値は充分にある。

企業Webサイトに対するPR担当者の評価は「D」

ニールセン博士のAlertbox (2001年4月1日)

企業はPRに100万ドル単位の予算を費やしているが、そのウェブサイトの報道向けセクションは、ジャーナリストのもっとも基本的なニーズすら満たしていないことが多い。私たちが最近行ったユーザビリティ調査で、ジャーナリストが一連の企業サイトから回答を得られた疑問はわずか60%だった。