ハード優先の電子ブック

黒須教授のユーザ工学講義 (2012年12月7日)

国内で電子ブックを販売しているメーカーにいいたいことは、ハードはまあそこそこのインタフェースでも仕方ないから、とにかくコンテンツをもっともっと充実して欲しいということだ。 [記事全文

このキーワードについて

電子書籍についての記事をまとめています。

電子ブックリーダーのインタフェース

黒須教授のユーザ工学講義 (2012年5月23日)

電子ブックとリーダーのユーザビリティについては、画面サイズの影響や読み方、ページめくり操作など、まだ十分に検討されていない部分も多いと考える。 [記事全文

電子ブック

黒須教授のユーザ工学講義 (2011年9月5日)

問題は電子ブックという機器の使い方である。ソフトウェアも関係しているが、そもそも電子ブックというコンセプトそのものの問題だ。小説のように最初から順番に読んでいくものについては、国文学の論文を書くような場合以外、こうした機器でも何とかなる。しかし… [記事全文

スマートフォンとPDA、そして電子ブック

黒須教授のユーザ工学講義 (2010年12月10日)

従来型の携帯電話と電子ブックの中間にあるスマートフォンについて、一つ考えられるのは、マルチメディア型電子ブックと在来型の携帯電話に機能分割され、「いささか中途半端な製品」としてPDAと同じ運命をたどるのではないか、ということだ。 [記事全文

電子書籍をユーザビリティの面から考える

黒須教授のユーザ工学講義 (2010年9月5日)

僕にとって、電子書籍は携帯できなければ意味がない。机の前に座ってモニタ画面で読書をするなら、紙の本で十分だ。したがって電子書籍としては、大きさと重さが非常にクリティカルな条件になると思っている。 [記事全文