子ども・若年者

このキーワードについて

関連キーワード: ミレニアルズベビーブーマー高齢者・障害者

「若年層はその親世代よりフラットデザインを好む」の記事画像

若年層はその親世代よりフラットデザインを好む

ニールセン博士のAlertbox (2016年6月9日)

18~25歳のユーザーはフラットなUIの魅力を中高年よりもやや高く評価している。しかし、フラットデザインで見た目を魅力的にすることには、その結果、損なわれるユーザビリティに見合うほどの価値はないかもしれない。

「デジタルネイティブとしてのミレニアル世代:俗説と現実」の記事画像

デジタルネイティブとしてのミレニアル世代:俗説と現実

ニールセン博士のAlertbox (2016年3月11日)

ミレニアル世代はユーザーインタフェースへの期待が高く、また、自分たちのスキルに自信を持っている。しかし、エラーが多く、マルチタスク志向であるため、タスクの作業効率が悪いのだ。

「GenYとベビーブーマーのジェネレーションギャップ」の記事画像

GenYとベビーブーマーのジェネレーションギャップ

海外とのかけ橋 (2015年7月31日)

情報があふれる時代に育ってきたが故に最小限の情報をピックアップして判断する能力が高いMillenials、GenY世代。説明が長いけどもしもの場合に備えて周辺情報を把握しておきたいベビーブーマー世代。いまどきの世代ギャップについて考えてみました。

「大型タッチスクリーン:他との違い」の記事画像

大型タッチスクリーン:他との違い

ニールセン博士のAlertbox (2015年6月3日)

大型のタッチスクリーン向けのデザインでは、入力とフォーカス、プライバシーに特に注意を払う必要がある。

「10代のユーザビリティ: ティーン向けWebサイトのデザイン」の記事画像

10代のユーザビリティ: ティーン向けWebサイトのデザイン

ニールセン博士のAlertbox (2013年2月18日)

ティーンは、自分のウェブを扱う能力に(過剰に)自信を持っているが、彼らのパフォーマンスは大人に劣る。読解レベルの低さや、忍耐力のなさ、発展途上の情報収集スキルにより、ティーンのタスク成功率は低くなる。そのため、サイトはシンプルで共感しやすいものにする必要がある。

Web上の大学生

ニールセン博士のAlertbox (2011年2月8日)

学生たちはウェブサイト間を素早く移動し、複数のタスクを同時に処理していくが、やっと見つけたアイテムを見失ってしまうことも多い。彼らはソーシャルメディアに夢中だが、それは個人的な会話のためのものと考えているため、企業サイトを訪問するときには検索エンジンから行く。

子ども向けWebサイトデザイン時のユーザビリティ上の課題

ニールセン博士のAlertbox (2010年9月13日)

3才から12才のユーザーを対象にした新たな調査で、年長の子どもたちは前回調査の時よりかなりウェブに習熟していることがわかった。一方、年少の子どもたちはいまだ多くの問題に直面している。子ども向けのデザインには異なる年齢層ごとにコンテンツを厳密に定める等、独特なアプローチが必要である。

ティーンエージャーのためのWebサイトユーザビリティ

ニールセン博士のAlertbox (2005年1月31日)

ティーンエージャーは、ウェブサイトでの成功率が成人よりも低く、簡単に退屈しやすい。ティーンエージャー向けのサイトは、シンプルではあっても、幼稚であってはいけない。また、そのようなサイトは、豊富なインタラクティブ機能を必要とする。