海外とのかけ橋

「マスクとサングラス」の記事画像

マスクとサングラス

寒くなると日本ではマスク姿の人が増えますが、アメリカではあまり見かけません。一方、日本では目上の人の前でサングラスをするのはマナー違反ですが、アメリカではそうは取られません。顔を隠す2つの手段、どうやら日米で心理的なギャップがあるようです。 (2015年11月6日)

「Apple Payって使われているの?」の記事画像

Apple Payって使われているの?

アメリカがカード社会であるというのは既知の事実ですが、Apple Payをはじめとした新しい決済方法(モバイルペイメント)の浸透具合はどうなのでしょうか。報道されていることと生活者の体感、日本の状況と比較しながら、リアルな姿をご紹介します。 (2015年10月19日)

「Uberはどういう感じで使われているのか」の記事画像

Uberはどういう感じで使われているのか

地域社会で発生するニーズをコミュニティの力で解決するサービスの成功例であるUberはどのように日常に溶け込んでいるのか。また、日常どのようにアメリカで使われているのか、筆者の実体験を日本人目線から紹介しつつ、現地アメリカ人の反応も紹介します。 (2015年9月11日)

「抹茶は本当にアメリカで流行っているのか」の記事画像

抹茶は本当にアメリカで流行っているのか

「抹茶が米国で流行中というは本当?」と日本のスタッフに聞かれました。そう言われればそんな気も…。でも、ある調査で会ったヒスパニックの若い女性は、日頃メキシカンばかり食べていると言っていました。もしも彼女に質問したら流行っていると答えるだろうか…? (2015年8月25日)

「GenYとベビーブーマーのジェネレーションギャップ」の記事画像

GenYとベビーブーマーのジェネレーションギャップ

情報があふれる時代に育ってきたが故に最小限の情報をピックアップして判断する能力が高いMillenials、GenY世代。説明が長いけどもしもの場合に備えて周辺情報を把握しておきたいベビーブーマー世代。いまどきの世代ギャップについて考えてみました。 (2015年7月31日)

「“Built your own”というユーザーエクスペリエンス」の記事画像

“Built your own”というユーザーエクスペリエンス

最近、アメリカでは、客の言った通りに作ってくれるお店が流行っていると感じます。その理由は、自分の意見を言う、カスタマイズが大好き、という消費者に対して、お店のそんなスタイルが心理的満足感をもたらしているからではないでしょうか。 (2015年7月17日)

「新しいアメリカ人:そういえばアメリカは移民の国だった!」の記事画像

新しいアメリカ人:そういえばアメリカは移民の国だった!

イードの米国子会社COOの森原が、そこでの生活やマーケット調査業務の中で気づいたことを綴るコラム。1回目は、それまで抱いていたイメージとは異なる、現在(と今後)の、アメリカ人のデモグラフィック属性について考察します。 (2015年6月19日)