テキスト・コンテンツ

商取引のEメールと確認のメッセージ

ニールセン博士のAlertbox (2008年10月20日)

自動配信される eメールは顧客との関係を強め、サービスを向上し、ウェブサイトが検索エンジンをバイパスするのを助ける。しかし、ユーザ調査の結果、ほとんどのメッセージはそれが出来ておらず、可能性を活かしていないことが分かった。

「About Us ページのユーザビリティ」の記事画像

About Us ページのユーザビリティ

ニールセン博士のAlertbox (2008年9月29日)

Webサイトの About Us のページのユーザビリティは、過去5年間に渡り 9%向上したことが分かった。しかし、企業や組織の数々は依然として自らの活動を一つの段落で説明できていない。

紙面の書き方 vs. Webの書き方

ニールセン博士のAlertbox (2008年6月9日)

連続的vs. 非連続的。書き手主導vs. 読み手主導。物語の伝達vs. 実用的なコンテンツの淡々たる追求。逸話に富んだ事例vs. 広範囲に及ぶデータ。文章vs. 断片。

「ユーザーはいかにテキストを読まないか」の記事画像

ユーザーはいかにテキストを読まないか

ニールセン博士のAlertbox (2008年5月6日)

月並みなWebページの場合、平均的アクセス中にユーザーが読むテキストの量は多くても全体の28%にすぎないという分析結果が出た。より現実的には、20%程度とみられる。

「マイクロコンテンツの頭に企業名? それが正しいこともある」の記事画像

マイクロコンテンツの頭に企業名? それが正しいこともある

ニールセン博士のAlertbox (2008年3月3日)

従来のガイドラインでは、通常リンクテキストでは企業名を目立たせないようにすべきとしていた。しかしこのガイドラインを改め、検索エンジン向けのリンクの場合、一定の条件下では企業名を先頭に付けるよう勧めるに至った。

「長文記事 対 短文記事: コンテンツ戦略から見た比較」の記事画像

長文記事 対 短文記事: コンテンツ戦略から見た比較

ニールセン博士のAlertbox (2007年11月12日)

情報採餌理論は、コンテンツ戦略のコストと利益の算出方法を示してくれる。簡潔な概要記事とすべてを網羅するような詳細記事を組み合わせた混合食餌法が、ベストな戦略となる場合が多い。

受動態、見出しには使えます!

ニールセン博士のAlertbox (2007年10月22日)

能動態が、コンテンツを書くときには一番だ。しかし、見出しや宣伝文句、導入文の中の重要なキーワードを先に出そうと思うなら、受動態を使うこと。そうすれば、読者の目を引き、効果的なSEO(検索エンジン最適化)を実現できる。

「ブログ的投稿ではなく、論説を書こう」の記事画像

ブログ的投稿ではなく、論説を書こう

ニールセン博士のAlertbox (2007年7月9日)

世界最高レベルの専門的知識を披露したいなら、手っ取り早く書き上げた底の浅い投稿はしないように。むしろ、有料ユーザを集められるくらい徹底した付加価値の高いコンテンツを用意することに時間をかけよう。

オンラインの読者には算用数字で数を示そう

ニールセン博士のAlertbox (2007年4月16日)

算用数字“23”の方が、スペル表記“twenty-three”よりも、ウェブページを眺めて事実を読み取ろうとするユーザの目には留まりやすいことが、アイトラッキングのデータから明らかになった。