イントラネット

パーソナライゼーションを成功させるための6つのヒント

ニールセン博士のAlertbox (1月19日)

適切にデザインされたパーソナライゼーションは、役割やタイプの構築が慎重に検討されていて、それぞれの役割が利用可能なコンテンツが保証され、コンテンツ以外にも範囲が及んでおり、ユーザーにもエクスペリエンスをコントロールできる部分があるものである。 [記事全文

このキーワードについて

関連キーワード: ベスト10生産性投資・利益

モバイルイントラネットのデザイン

ニールセン博士のAlertbox (2013年9月3日)

企業がコンピュータ利用をモバイル化していく中心的な理由は、現場スタッフとミッションクリティカルなアプリのサポートである。しかし、それだけでなく、ニュースや社内のソーシャルネットワークにアクセスできることを、ユーザーは高く評価している。 [記事全文

イントラネットのソーシャル機能

ニールセン博士のAlertbox (2013年3月19日)

今や多くの企業で、従業員の協働やオープンなコミュニケーションはビジネスの推進力となっている。だが、企業のソーシャル機能はイントラネットの他の部分との統合がうまくいってないことが多い。 [記事全文

2013年 イントラネット・ベスト10

ニールセン博士のAlertbox (2013年1月23日)

イントラネットチームの規模は倍増したが、この投資から、企業が、ソーシャル機能の統合強化や情報フィルタリングの進歩といった成果を得ていることは間違いない。受賞組織の70%はSharePointを利用していたが、そこには徹底的なカスタマイズが施されていた。 [記事全文

イントラネットユーザーの生産性は低いまま

ニールセン博士のAlertbox (2012年12月17日)

イントラネットのデザインは改善されてきてはいるが、企業の要求の、増加する複雑さについていけていない。その結果、ユーザビリティの測定結果はわずかながら悪化した。 [記事全文

2012年 イントラネット・ベスト10

ニールセン博士のAlertbox (2012年1月27日)

今年度、ソーシャルネットワーキングとパーソナライゼーションはレベルが上がった。一方、モバイルイントラネットは経験を積む状態が続いている。また、小規模の組織ではイントラネットデザインチームの人数が増え、デザインの質が向上した。 [記事全文

2011年 イントラネット・ベスト10

ニールセン博士のAlertbox (2011年3月9日)

シンプルになり、より利用されるようになった機能のおかげで、ナレッジマネジメントは決まり文句の段階から現実の段階に移った。モバイル用のイントラネットは前回に比べて倍増した。 [記事全文

SharePointはイントラネットのデザインを損なうか

ニールセン博士のAlertbox (2010年6月7日)

イントラネットのプロジェクトは強力な実装プラットフォームの恩恵を受けるが、4つの成功事例が示すように、開発チームはその組織特有のニーズに向けたユーザーエクスペリエンス(UX)の最適化に集中すべきである。 [記事全文

2010年 イントラネット・ベスト10

ニールセン博士のAlertbox (2010年1月4日)

イントラネットのデザインは成熟しつつあり、従来からある機能の品質を改善し続けてきた成果があがりつつある。その一方で、モバイルからのアクセスや緊急時への備え、ユーザーや従業員参加型のコンテンツのような新しいトレンドも採用されてきている。 [記事全文