商品一覧の構造分析

ニールセン博士のAlertbox (2016年7月5日)

流し読みや商品の比較をしやすくするために、一覧ページの項目説明は、コンテンツの優先順位を損なわないビジュアルデザインとレイアウトにしなければならない。 [記事全文

このキーワードについて

関連キーワード: Webユーザビリティ

イードでは、ECサイトのユーザビリティ調査を多数手がけております。具体的には、インターネットショッピングモール、PC直販サイト、ダイレクト保険サイト、ネットバンキングサイトなどです。
ユーザビリティ調査についてのお問い合わせ、資料請求、お見積依頼は、「弊社リサーチ事業へのお問い合わせ」ページからお願いいたします。
また、イードでは、ECサイトの業界動向やサイト運営に役立つ情報を集めたサイト「ECサポーター」を公開しておりますので、こちらもご覧ください。

ユーザーの意図が検索フィルターのデザインを変える

ニールセン博士のAlertbox (2016年4月27日)

検索結果ページを読み込むタイミングが早すぎたりページの表示位置を変更したりすると、絞り込みプロセスが分断される。検索フィルターやファセットは、ユーザーエクスペリエンスがスムーズになるようにデザインしよう。 [記事全文

アメリカのモバイルショッピングとベビーブーマー世代

海外とのかけ橋 (2015年12月15日)

2015年のブラックフライデーの総括はオンラインショッピングの勝ち。特にモバイルショッピングの伸びを取り上げるニュースが目立ちました。最近よくベビーブーマー世代の人がスマホを熱心に使う場面を目にしますが、何か関係があるのでしょうか? [記事全文

ユーザー登録を購入前に強制するのはやめよう

ニールセン博士のAlertbox (2015年8月19日)

ECサイトで、ユーザー登録を必須にせずゲストでも精算できるようにすれば、購入プロセスがシンプルになる。またそれにより、ユーザーは希望しない登録を強制されるよりも快適に感じて、登録しようと思うようになる。 [記事全文

5種類の買い物客のためのECサイトのデザイン

ニールセン博士のAlertbox (2014年4月2日)

ECサイトの買い物客には主に5つのタイプがある。それぞれ異なる、サイト訪問時の動機や行動パターンを知ることで、デザイナーは各ユーザーのニーズをサポートしつつ、サイト全体のユーザビリティを向上させる決断を下せるようになる。 [記事全文

ECサイトのUXデザイントレンド: 追随すべきもの3つと敬遠すべきもの3つ

ニールセン博士のAlertbox (2014年3月11日)

最新のeコマース調査で明らかになったのは、商品画像が大きくなり、レビューが充実して、割引が使いやすくなるなど、ショッピングサイトのユーザーエクスペリエンスが改善したということである。しかし、新しいデザインは、商品情報の非表示、サイトからの貧弱なフィードバック、カスタマーサービスエリアの情報過密といった問題も抱えている。 [記事全文

ユーザーのページネーション設定と「すべて表示」

ニールセン博士のAlertbox (2013年5月14日)

リストが長いときにはデフォルトでページネーションをしてもいいだろう。しかし、ユーザーがリストのアイテムをすべて表示するように画面をカスタマイズしているなら、その設定を尊重しよう。 [記事全文