情報アーキテクチャ

「IAについて思うこと」の記事画像

IAについて思うこと

黒須教授のユーザ工学講義 (2016年7月28日)

ユーザの知覚や認知を考慮してサイトデザインを行うことが僕的にはIAの中核だと思えるのだが、どうも巷に出回っている話にはそういうもの、たとえば心理学的なロジックからするとこれこれであると考えられます、といった話が少なすぎるように思う。

このキーワードについて

情報アーキテクチャ(IA)に関する記事をまとめています。
関連キーワード: 情報の匂い

「商品一覧の構造分析」の記事画像

商品一覧の構造分析

ニールセン博士のAlertbox (2016年7月5日)

流し読みや商品の比較をしやすくするために、一覧ページの項目説明は、コンテンツの優先順位を損なわないビジュアルデザインとレイアウトにしなければならない。

「オーディエンスベースのナビゲーション:避けるべき5つの理由」の記事画像

オーディエンスベースのナビゲーション:避けるべき5つの理由

ニールセン博士のAlertbox (2015年11月10日)

役割ベースのIA(情報アーキテクチャ)は、認知的努力を増加させ、ユーザーの不安を増大させる。しかし、明瞭な言葉遣いと相互排他的なカテゴリーによって、ユーザーエクスペリエンスへの悪影響を抑えられる。

「ナビゲーションメニューのIAに関する質問・トップ3」の記事画像

ナビゲーションメニューのIAに関する質問・トップ3

ニールセン博士のAlertbox (2015年2月2日)

ナビゲーションのカテゴリーの数、並べる順番、タッチスクリーンに対するマウスオーバーメニューの利用というのが、Webサイトやアプリケーションでの情報の構造化に関してよく聞かれる質問だ。

「ミニIA:1つの概念の情報を構造化する」の記事画像

ミニIA:1つの概念の情報を構造化する

ニールセン博士のAlertbox (2011年6月30日)

小規模の情報アーキテクチャでは、対象となる1つのテーマはシンプルなナビゲーションを通して関連づけられたユニットに分割される。

「企業サイト上の投資家向け情報」の記事画像

企業サイト上の投資家向け情報

ニールセン博士のAlertbox (2009年5月25日)

個人投資家はあまりにも複雑なIRサイトに怖気づき、財務データのシンプルなサマリーを欲しがっている。個人投資家も投資専門家も、共に必要としているのは、企業自体のstoryとその投資ビジョンである。