テキスト・コンテンツ

テストを受けることが学習効果を高める

ニールセン博士のAlertbox (2011年3月25日)

人というのはテキストを読んだ後、それについての情報を記憶から検索すると、ずっと多くのことを覚えるものである。クイズは、ユーザーがより多くのことを覚える手助けをウェブサイトがするための1つの方法になる。

企業ブログ: トップページの構成

ニールセン博士のAlertbox (2010年8月9日)

記事の要約を多数提示することによって、記事全文を提示するより、ユーザーを引きつけられる可能性は高い。記事全文を載せてしまうと、読者の興味を急速に失わせることになりかねないからである。

iPadとKindleでの読むスピード

ニールセン博士のAlertbox (2010年7月2日)

タブレット上の長いテキストの読まれ方について調査したところ、人々の読むスピードというのは以前よりも速くなっている。しかし、そのスピードも印刷物を読むときのものよりはまだ遅い。

ソーシャルメディア向けの書き方: Facebook、Twitter、LinkedInで配信する企業コンテンツ

ニールセン博士のAlertbox (2009年10月12日)

ソーシャルネットワーク上のメッセージの、時間の経過にしたがって消えていくというシンプルさはユーザーに好評である。しかし、そこでの流し読みしにくい書き方や、頻繁すぎる投稿、企業側の自社の位置づけ方のまずさにユーザーはよくいらだっていた。

Twitterの投稿:反復デザイン

ニールセン博士のAlertbox (2009年8月24日)

我々は5回のデザイン変更を経て、タイムラインのメッセージをより印象に残り、説得力があってバイラルなものにした。

世界最良のヘッドライン:BBC News(後編)

ニールセン博士のAlertbox (2009年4月27日)

わずかな言葉で正確に情報を伝えられるか? BBC Newsの編集者は、それを毎日やりぬき、ユーザビリティに優れたヘッドライン(記事見出し)を掲げている。

世界最良のヘッドライン:BBC News(前編)

ニールセン博士のAlertbox (2009年4月27日)

わずかな言葉で正確に情報を伝えられるか? BBC Newsの編集者は、それを毎日やりぬき、ユーザビリティに優れたヘッドライン(記事見出し)を掲げている。

最初の2語:流し読みのためのシグナル

ニールセン博士のAlertbox (2009年4月6日)

リンクの最初の11文字がどれだけ理解されるかをテストすれば、そのサイトがユーザのために書かれたかものかどうかがわかる。ユーザというのはリストの項目を全部読む、というよりは、流し読みをするものだからだ。

オンライン寄付のユーザビリティ

ニールセン博士のAlertbox (2009年3月30日)

ユーザー調査の結果、非営利団体のウェブサイトはコンテンツが著しく不足しており、寄付に踏み切るための判断材料に欠けていることがよくあることがわかった。

「Kindleのコンテンツデザイン」の記事画像

Kindleのコンテンツデザイン

ニールセン博士のAlertbox (2009年3月16日)

Kindle 向けの文章の書き方は、印刷、ウェブ、モバイルデバイス向けの書き方を組み合わせたようなものである; ユーザビリティの最適化とは、各々のプラットフォーム固有の特徴にあわせてコンテンツを最適化することを意味する。