テキスト・コンテンツ

iPadとKindleでの読むスピード

ニールセン博士のAlertbox (2010年7月2日)

タブレット上の長いテキストの読まれ方について調査したところ、人々の読むスピードというのは以前よりも速くなっている。しかし、そのスピードも印刷物を読むときのものよりはまだ遅い。 [記事全文

Twitterの投稿: 反復デザイン

ニールセン博士のAlertbox (2009年8月24日)

我々は5回のデザイン変更を経て、タイムラインのメッセージをより印象に残り、説得力があってバイラルなものにした。 [記事全文

世界最良のヘッドライン:BBC News(前編)

ニールセン博士のAlertbox (2009年4月27日)

わずかな言葉で正確に情報を伝えられるか? BBC Newsの編集者は、それを毎日やりぬき、ユーザビリティに優れたヘッドライン(記事見出し)を掲げている。 [記事全文

最初の2語:流し読みのためのシグナル

ニールセン博士のAlertbox (2009年4月6日)

リンクの最初の11文字がどれだけ理解されるかをテストすれば、そのサイトがユーザのために書かれたかものかどうかがわかる。ユーザというのはリストの項目を全部読む、というよりは、流し読みをするものだからだ。 [記事全文

Kindleのコンテンツデザイン

ニールセン博士のAlertbox (2009年3月16日)

Kindle 向けの文章の書き方は、印刷、ウェブ、モバイルデバイス向けの書き方を組み合わせたようなものである; ユーザビリティの最適化とは、各々のプラットフォーム固有の特徴にあわせてコンテンツを最適化することを意味する。 [記事全文

さまざまな利用を想定して書く

ニールセン博士のAlertbox (2009年3月2日)

オンラインコンテンツは、文脈とは無関係にユーザーの目にとまることが多い。本来想定された目的とは違う目的で読まれることもよくある。そうした目的を全部予測することはできないが、テキストのさまざまな利用を考慮することはできる。 [記事全文

商取引のEメールと確認のメッセージ

ニールセン博士のAlertbox (2008年10月20日)

自動配信される eメールは顧客との関係を強め、サービスを向上し、ウェブサイトが検索エンジンをバイパスするのを助ける。しかし、ユーザ調査の結果、ほとんどのメッセージはそれが出来ておらず、可能性を活かしていないことが分かった。 [記事全文

紙面の書き方 vs. Webの書き方

ニールセン博士のAlertbox (2008年6月9日)

連続的vs. 非連続的。書き手主導vs. 読み手主導。物語の伝達vs. 実用的なコンテンツの淡々たる追求。逸話に富んだ事例vs. 広範囲に及ぶデータ。文章vs. 断片。 [記事全文

ユーザーはいかにテキストを読まないか

ニールセン博士のAlertbox (2008年5月6日)

月並みなWebページの場合、平均的アクセス中にユーザーが読むテキストの量は多くても全体の28%にすぎないという分析結果が出た。より現実的には、20%程度とみられる。 [記事全文

マイクロコンテンツの頭に企業名? それが正しいこともある

ニールセン博士のAlertbox (2008年3月3日)

従来のガイドラインでは、通常リンクテキストでは企業名を目立たせないようにすべきとしていた。しかしこのガイドラインを改め、検索エンジン向けのリンクの場合、一定の条件下では企業名を先頭に付けるよう勧めるに至った。 [記事全文