Webユーザビリティ

「ユーザはサイトやジャンルの垣根を越えて飛び回る」の記事画像

ユーザはサイトやジャンルの垣根を越えて飛び回る

ニールセン博士のAlertbox (2006年2月6日)

仕事上の問題解決に精を出すユーザは、様々なサービス分野を行き来しながら、数々のウェブサイトを飛び回る。単独で十分なユーザ・エクスペリエンスを提供できるウェブサイトは一つとしてない。

10億を越えたインターネットユーザ

ニールセン博士のAlertbox (2005年12月19日)

インターネットは年率18%で成長を続けており、現在、ユーザ数は10億を越えている。今後10年で、その数は20億に達し、ユーザビリティへのニーズは世界的に劇的な変化を遂げることになるだろう。

2005年 Webデザインの間違い・トップ10

ニールセン博士のAlertbox (2005年10月3日)

2005年、ユーザをうんざりさせてきたWebデザインの間違いをリストアップしてみると、古くから言われているものがランクイン。悪さをし続けていることがわかった。

インターナショナルWebサイト: 最低限の要件

ニールセン博士のAlertbox (2005年8月8日)

異国のユーザは、名前や住所の入力欄、サイズや日付の表記方法、居住地域の製品基準に関する情報などに関して異なるニーズを有している。

Amazon:もはやeコマース・デザインの手本にしてはいけない

ニールセン博士のAlertbox (2005年7月25日)

Amazon.com の多数のデザイン要素が機能している主な理由は、それが世界最大規模で、最も成功しているeコマースサイトであるという理由が大きい。一般的なサイトは、Amazon.com のデザインを真似するべきではない。

「スクロールとスクロールバー」の記事画像

スクロールとスクロールバー

ニールセン博士のAlertbox (2005年7月11日)

周知のリスクをもたらすにもかかわらず、多くのウェブサイトが、酷いデザインのスクロールバーを使い続けている。結果として、お決まりの問題、不満いっぱいのユーザ、アクセシビリティへの挑戦、読者を持たないコンテンツが後を絶たないこととなる。

Alertboxの10年

ニールセン博士のAlertbox (2005年6月1日)

30万ワードにものぼるユーザビリティの記事は効果的だった。オンライン上のユーザインタフェース(UI)は、1995年当時と比べ格段によくなった。多くの予想や提言が現実となったが、Alertboxの見据える広域なビジョンは、認識されていると言うにはほど遠い。

ティーンエージャーのためのWebサイトユーザビリティ

ニールセン博士のAlertbox (2005年1月31日)

ティーンエージャーは、ウェブサイトでの成功率が成人よりも低く、簡単に退屈しやすい。ティーンエージャー向けのサイトは、シンプルではあっても、幼稚であってはいけない。また、そのようなサイトは、豊富なインタラクティブ機能を必要とする。

最も嫌われる広告テクニック

ニールセン博士のAlertbox (2004年12月6日)

人々がオンライン広告にどのように反応するかの調査によって、ユーザーエクスペリエンス(UX)にいちじるしく悪い影響を与えるデザインテクニックを見つけることができた。

チェックボックス 対 ラジオボタン

ニールセン博士のAlertbox (2004年9月27日)

有名ウェブサイトでも、基本的なユーザインタフェース(UI)で初歩的な間違いを犯すことがある。主要なガイドラインは明確だが、それ以外にも考慮しなくてはいけないことが 10 項目ある。