テキスト・コンテンツ

「興味深い事実がWebページに人を引きつける」の記事画像

興味深い事実がWebページに人を引きつける

ニールセン博士のAlertbox (2013年6月24日)

ユーザーがオンラインで探し求めているものは、事実である。したがって、事実を豊富に含むコンテンツは読者を引きつけ、注意を引き続けることができる。

「ハード優先の電子ブック」の記事画像

ハード優先の電子ブック

黒須教授のユーザ工学講義 (2012年12月7日)

国内で電子ブックを販売しているメーカーにいいたいことは、ハードはまあそこそこのインタフェースでも仕方ないから、とにかくコンテンツをもっともっと充実して欲しいということだ。

SEOとユーザビリティ

ニールセン博士のAlertbox (2012年8月24日)

ウェブサイトの質を上げればSERPのランクも上がる。しかし、検索エンジン最適化についてのトリックを使いすぎると、ユーザーエクスペリエンス(UX)を台無しにしてしまう可能性もある。

Web記事への署名は必要か?

ニールセン博士のAlertbox (2012年3月13日)

サイトのコンテンツを誰が書いたか言うべきだろうか。(信頼性のために)言うべきときもあれば、(簡潔さのために)言うべきではないときもある。そして、モバイルで言う必要のあるときは非常に少ない。

「モバイルコンテンツ:不確かならば省略しよう」の記事画像

モバイルコンテンツ:不確かならば省略しよう

ニールセン博士のAlertbox (2011年10月25日)

モバイルの読者に向けて書くことはウェブ向けに書くよりもずっと厳しい編集が要求される。モバイル利用では埋め草(余白を埋めるためのコンテンツ)への寛容度が低くなるものだからである。

モバイルのコンテンツは2倍難しい

ニールセン博士のAlertbox (2011年4月7日)

iPhoneサイズの画面で読むと、ウェブの複雑なコンテンツに対する理解度は、デスクトップの画面によるスコアの48%だった。

テストを受けることが学習効果を高める

ニールセン博士のAlertbox (2011年3月25日)

人というのはテキストを読んだ後、それについての情報を記憶から検索すると、ずっと多くのことを覚えるものである。クイズは、ユーザーがより多くのことを覚える手助けをウェブサイトがするための1つの方法になる。

企業ブログ: トップページの構成

ニールセン博士のAlertbox (2010年8月9日)

記事の要約を多数提示することによって、記事全文を提示するより、ユーザーを引きつけられる可能性は高い。記事全文を載せてしまうと、読者の興味を急速に失わせることになりかねないからである。