Webユーザビリティ

サイトマップユーザビリティ

ニールセン博士のAlertbox (2002年1月6日)

ほとんどのサイトマップは、当該サイトの複数レベルにわたる情報構造を伝えきれていない。ユーザビリティテストでは、ユーザがサイトマップを見落としたり、見つけられないといったことがよく起こる。また、複雑さも問題となる。マップはあくまでもマップであって、それ自体がナビゲーションの難問であってはならない。 [記事全文

タグライン・ブルース: ここは何のサイト?

ニールセン博士のAlertbox (2001年7月22日)

Webサイトのタグラインは、その企業が何を行っていて、競合他社とどこが違うのかがわかるようなものでなくてはならない。タグラインを評価するにあたっては、以下の2つの質問が有効だ。競合他社にもそのまま適用できるだろうか? 正反対の主張をするような会社があるだろうか? [記事全文

物理的所在地を探すユーザの補助

ニールセン博士のAlertbox (2001年7月8日)

親会社のWebサイトにある情報にもとづいて、ユーザに、近所の小売店、事務所、代理店、その他の事業所を探してもらったところ、成功したユーザはわずか63%しかいなかった。平均すると、今回調査対象とした10サイトは、私たちが策定した所在地検索デザインに関する21のユーザビリティガイドラインのうち、半数未満にしか適合していない。 [記事全文

Webデザインの終焉

ニールセン博士のAlertbox (2000年7月23日)

ウェブサイトの間では、以下のあらゆる点で、見た目で独自性を出そうとか、変わったデザインにしようといった傾向にかげりが見えてくるだろう。 視覚的デザイン 用語とラベリング インタラクションデザインとワークフロー 情報アーキ… [記事全文

Webデザインで励行すべき10カ条

ニールセン博士のAlertbox (1999年10月3日)

ウェブデザインを分析するにあたっては、ユーザビリティの減少につながるミスを大量に見つけることはたやすい。 オリジナルのウェブデザインの間違いトップ10 新ウェブデザインの間違いトップ10 ウェブプロジェクト管理の間違いト… [記事全文

信用か破滅か:Webデザインで信頼を得るには

ニールセン博士のAlertbox (1999年3月7日)

あらかじめかなりはっきりした保証を与えない限り、長期的なサービスを提供するウェブサイトだと信頼してもらうのは、どんなサイトにとっても難しい課題になってきた。New York Timesの最近の記事には、こう書かれていた。… [記事全文

印刷デザインとWebデザインの違い

ニールセン博士のAlertbox (1999年1月24日)

Society for News Design(SND)の年次総会に参加して、いくつかのホールを回ってきた。実にすばらしい体験だった。もっとも優れたデザインの新聞紙が世界中から集められていて、全ページ大に広げられた新聞で… [記事全文

Yahoo!がいい理由(だが悪くもなりうる)

ニールセン博士のAlertbox (1998年11月1日)

多くの点でYahoo!はうまくやっている。 Keynoteパフォーマンス指数によれば、Yahoo!のホームページの平均ダウンロード時間は3.0秒である。大手ウェブサイトの中ではもっとも高速な部類に属する。とはいっても、理… [記事全文

Webデザインはアウトソースすべきか?

ニールセン博士のAlertbox (1998年6月28日)

ノー。ウェブデザインはネットワーク経済におけるコアコンピタンシーである。となれば、あなた自身がこの分野の系統的な知識を身に付けておく必要がある。 インターネットにフォーカスした企業にとって、ウェブは顧客とのコミュニケーシ… [記事全文

1994年以降のWebユーザビリティの変遷

ニールセン博士のAlertbox (1997年12月1日)

私は1994年からウェブユーザビリティ調査を行ってきた。振り返ってみてもっとも印象的な結論は、1994年当時のウェブユーザビリティに関する調査結果のほとんどが、今なお変わっていないということだ。驚かれるかもしれないが、ユ… [記事全文