ビジュアルデザイン

グラフィックデザインの責任 2. 基礎を学び実践すること

黒須教授のユーザ工学講義 (6月20日)

グラフィック要素はユーザが見て理解できなければならないとは知っていても、その知識を活かしていないデザイナーもいる。彼らに共通した傾向として、デザインはクリエイティブな活動なのだから、多少のユーザビリティは犠牲にしてでも、斬新で見栄えのするデザインをしたいという態度があるようだ。 [記事全文

このキーワードについて

Webサイトやアプリケーションの視覚的なデザインについての記事をまとめています。

美的ユーザビリティ効果

ニールセン博士のAlertbox (5月15日)

ユーザーはインタフェースの見た目が魅力的だと思うと、ユーザビリティのささいな課題には寛容になる。こうした美的ユーザビリティ効果は、UIの問題をわかりにくくし、ユーザビリティテスト中の課題発見を妨げることがある。ユーザー調査中は、ユーザーの言うことに耳を傾けるだけではなく、彼らがやっていることもよく観察することによって、美的ユーザビリティ効果の事例かどうかを識別するとよい。 [記事全文

商品一覧の構造分析

ニールセン博士のAlertbox (2016年7月5日)

流し読みや商品の比較をしやすくするために、一覧ページの項目説明は、コンテンツの優先順位を損なわないビジュアルデザインとレイアウトにしなければならない。 [記事全文

若年層はその親世代よりフラットデザインを好む

ニールセン博士のAlertbox (2016年6月9日)

18~25歳のユーザーはフラットなUIの魅力を中高年よりもやや高く評価している。しかし、フラットデザインで見た目を魅力的にすることには、その結果、損なわれるユーザビリティに見合うほどの価値はないかもしれない。 [記事全文

アイコンのユーザビリティテスト

ニールセン博士のAlertbox (2016年5月17日)

ユーザーがアイコンの意味や目的をきちんと理解できるように、製品開発サイクルのさまざまなステージで複数の種類のテストを実施しよう。 [記事全文

レイアウトとコンテンツ、どちらを優先すべきか

ニールセン博士のAlertbox (2016年2月1日)

柔軟性の高いテンプレートを可能なかぎりコンテンツに合わせることで、レイアウトが不自然で扱いにくいものにならないようにしよう。デザイン中には頻繁にテストを実施し、また、スケールアップについても考慮しておこう。 [記事全文