このキーワードについて

交通システムについての記事をまとめています。

「カーナビユーザー調査2017: 据置型ナビとナビアプリの併用が進み、ミラーリングニーズも高い傾向に」の記事画像

カーナビユーザー調査2017: 据置型ナビとナビアプリの併用が進み、ミラーリングニーズも高い傾向に

定量アンケート調査 (2017年9月1日)

イード・日本自動車ユーザー研究所では、一般消費者を対象にカーナビに関する意識調査を行いました。その結果、据置型ナビとスマホのナビアプリの併用が進み、ミラーリングのニーズも高い傾向にあること、また、カーナビの選択理由は、純正ナビでは「保証」、市販ナビでは「価格」であることがわかりました。

改めて経験工学を 2. 等価性にもとづく工学

黒須教授のユーザ工学講義 (2017年4月18日)

設計担当者が切り出した目標達成には提供可能性というバイアスがかかり、ユーザ当人もそうした制約条件を無意識的に自分に課している可能性がある。近未来の開発につなげるには、そういった制約条件を頭から排除して、ユーザの目標をじっくり分析し、それを実現しうる等価な人工物を考えることが必要なのだ。

「『e燃費アンケート2016-2017』レポート販売のお知らせ」の記事画像

『e燃費アンケート2016-2017』レポート販売のお知らせ

定量アンケート調査 (2017年4月4日)

イードは、「e燃費」ユーザーを対象にした調査レポート『e燃費アンケート2016-2017』を発表しました。今回は、「燃費満足度の構造分析」「ユーザーが求めるカタログ燃費表記」「エアコンの燃費影響」「省燃費のための装備・機能活用」「電気自動車(EV)の購入検討」を調査しました。

交通機関のサービスのUCD

黒須教授のユーザ工学講義 (2016年10月11日)

交通機関はすべての社会構成員に関係するものであり、その公共性の視点に立ったUCD的な配慮や改善が求められる。今回は交通機関が提供しているサービス機能のうち、ICカード乗車券による入場の問題を取り上げる。

「“プロパイロット”自動運転技術レベルの理解、4割程度」の記事画像

“プロパイロット”自動運転技術レベルの理解、4割程度

定量アンケート調査 (2016年9月30日)

イード・日本自動車ユーザー研究所では、自動運転技術「プロパイロット」についての一般の自動車ユーザーの認知・理解度を把握するとともに、現状レベルの自動運転と将来的な完全自動運転に対する利用意向を理解することを目的として、調査を実施しました。

「自主調査:高速道路、最高速度120km/hへの期待と不安」の記事画像

自主調査:高速道路、最高速度120km/hへの期待と不安

定量アンケート調査 (2016年8月10日)

イード・日本自動車ユーザー研究所では、高速道路の最高速度が時速100kmから120kmに引き上げられることに対して、一般の自動車ユーザーはどのように感じているのか把握するため、自主調査を実施いたしました。

「ジャカルタのバイクタクシーは何でも屋?」の記事画像

ジャカルタのバイクタクシーは何でも屋?

海外とのかけ橋 (2016年3月17日)

バイクタクシー配車サービスGO-JEKを利用してきました。これは、単なるタクシー配車だけではなく、フードデリバリー、マッサージ、イベント会場への送迎など、様々な体験を与えてくれます。実体験と共にご紹介します。

「いまどきのライドシェアリング事情」の記事画像

いまどきのライドシェアリング事情

海外とのかけ橋 (2016年1月29日)

UberやLyftなどのライドシェアリングの浸透による恩恵や結果は、人によって違うことがだんだんわかってきました。この状況を観察・比較することは、新しいサービスの恩恵に預かる人の背景や価値観の変化がどういったものかを知る良い機会になると思います。