ナビゲーション

“モバイルファースト”は“モバイル専用”ではない

ニールセン博士のAlertbox (2016年10月19日)

デスクトップのナビゲーションをモバイルのデザインパターンにすると、ナビゲーションがユーザブルでなくなるし、この重要なUI要素の利用が減ってしまう。UIをそのままの形で異なるプラットフォームに移植すると、UXが損なわれるからである。 [記事全文

このキーワードについて

関連キーワード: ウェブデザイン

タブの正しい使い方

ニールセン博士のAlertbox (2016年10月3日)

以下のタブコントロールに関する12のデザインガイドラインに従い、タブをサイトのナビゲーションと区別し、また、ユーザーが自信を持って、タブをクリックできるようにしよう。 [記事全文

「さらに詳しく」というリンク:もっと良いものにできる

ニールセン博士のAlertbox (2016年3月2日)

「さらに詳しく」というフレーズをその場しのぎのリンクラベルとして利用することが増えている。しかし、このテキストは情報の匂いが弱く、アクセシビリティも悪い。このフィラー的な文言に少し工夫をして、次に出るページの内容をユーザーが自信を持って予測できる説明的ラベルにしよう。 [記事全文

モバイルナビゲーションの基本パターン:入門編

ニールセン博士のAlertbox (2016年1月14日)

モバイルのナビゲーションは発見やアクセスが容易で、スペースを取らないものである必要がある。ナビゲーションを表示することと、表示せずにハンバーガーメニューの中に入れることには、それぞれ一長一短があるので、モバイルのナビゲーションでジレンマに陥ったときの好ましいソリューションはサイトのタイプによって異なってくる。 [記事全文

モバイルでのページ遷移を支援しよう(ハンバーガーメニューがあったとしても)

ニールセン博士のAlertbox (2015年10月26日)

ハンバーガーメニュー(3本線メニュー)を利用しているモバイルサイトでは、移動を助けるサポートがサイト全体にわたって必要である。ユーザーがサイトのメインナビゲーションを見つけられなかったり、利用しないことがあるかもしれないからだ。 [記事全文

守ってはいけない、iOSのデザインルール4つ

ニールセン博士のAlertbox (2015年8月31日)

ページコントロール(ドット)、ページトップの「送信」、プラス(+)アイコン、並べ替えアイコンの4つは、テストでユーザビリティ上の問題を引き起こすことの多いiOSデザインパターンである。 [記事全文

ナビゲーションメニューのIAに関する質問・トップ3

ニールセン博士のAlertbox (2015年2月2日)

ナビゲーションのカテゴリーの数、並べる順番、タッチスクリーンに対するマウスオーバーメニューの利用というのが、Webサイトやアプリケーションでの情報の構造化に関してよく聞かれる質問だ。 [記事全文