HCD-Netの今後に向けて(2):改革への道

黒須教授のユーザ工学講義 (9月6日)

HCD-Netの根底にある課題は、そのコアコンセプトが、ぼんやりとした、何でもありに近い状態であることだ。HCD-Netの改革には、コアコンセプトであるHCDの定義、対象とするもの、プロセスと手法を明示することが必要である。

このキーワードについて

関連キーワード: 研究領域

HCD-Netの今後に向けて(1):そのコアと課題

黒須教授のユーザ工学講義 (9月4日)

HCD-Netの根底にある課題は、組織としてのコアコンセプトであるHCDの内実が、ぼんやりとした、何でもありに近い状態であることだ。HCD-Netを改革するためには、これまで何回か頓挫してきたコアコンセプトの明確化が必要である。

「“Theory of User Engineering”出版」の記事画像

“Theory of User Engineering”出版

黒須教授のユーザ工学講義 (2017年3月22日)

ユーザ工学についてもっとアピールすることが必要だろうと考え執筆した、“Theory of User Engineering”が2016年の12月に刊行となった。僕にとっては英語で初の単著となった記念すべき書籍ではある。

「UXを企業戦略の中核に据えるリーダー像を探るイベント、4月26日に開催」の記事画像

UXを企業戦略の中核に据えるリーダー像を探るイベント、4月26日に開催

U-Siteからのお知らせ (2017年3月10日)

米IBMのフィル・ギルバート氏や、日本を代表する企業でエクスペリエンス分野を牽引する3名を迎え、各社での具体的な取り組みやエクスペリエンス推進の考え方などを通じて、企業におけるUX戦略やUXリーダーシップのあり方について学ぶことのできる時間です。

UCDと心理学の関係

黒須教授のユーザ工学講義 (2016年12月12日)

「HCDに役立つ心理学の常識」という講演で、ユーザビリティ関係の心理学とUX関係の心理学とを区別し、具体例を交えて詳しく説明するようにした。以下はHCDやUCDの関係者に知っておいてほしいと思っている事項である。

企業における理論家の役割

黒須教授のユーザ工学講義 (2016年8月25日)

理論家は、企業活動においてはその生産活動に関与することが必要で、理論を実践に活かし、また実践での経験を理論に抽象化して欲しいと思う。ウェブ構築においても、実際にプロジェクトチームの活動に随時参加して、実践に組み込む必要があるだろう。

UCDやHCDに関する製品・活動認定制度のあり方

黒須教授のユーザ工学講義 (2016年7月14日)

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。

放送大学科目「コンピュータと人間の接点」 2016年度も放送

U-Siteからのお知らせ (2016年4月4日)

黒須先生と暦本先生による放送大学の科目「コンピュータと人間の接点」が2016年度も放送されます。人間の特性、インタフェースデザイン、ユーザビリティ、UX、HCD、新しいインタフェースなどについて学ぶことができます。