ニールセン博士のAlertbox

「ECサイトのUXデザイントレンド: 追随すべきもの3つと敬遠すべきもの3つ」の記事画像

ECサイトのUXデザイントレンド: 追随すべきもの3つと敬遠すべきもの3つ

最新のeコマース調査で明らかになったのは、商品画像が大きくなり、レビューが充実して、割引が使いやすくなるなど、ショッピングサイトのユーザーエクスペリエンスが改善したということである。しかし、新しいデザインは、商品情報の非表示、サイトからの貧弱なフィードバック、カスタマーサービスエリアの情報過密といった問題も抱えている。 (2014年3月11日)

「モバイルデバイスにおける地図と所在地検索」の記事画像

モバイルデバイスにおける地図と所在地検索

店舗の地図はシンプルなリスト表示より見た目は魅力的かもしれない。しかし、それによってモバイルデバイスで生じるユーザビリティ上の課題はあまりに多い。 (2014年2月17日)

「クロスチャネルなユーザーエクスペリエンス: 継ぎ目のなさ」の記事画像

クロスチャネルなユーザーエクスペリエンス: 継ぎ目のなさ

チャネルやデバイスを問わず継ぎ目のないユーザーエクスペリエンス(UX)は、チャネルをまたいだ体験をユーザブルにする4要件のうちの1つである。タスクを達成する間にユーザーがチャネルを切り替えられるようにすると、その企業や組織は競争で優位に立つことができる。 (2014年1月6日)

「「右カラム無視」への対策」の記事画像

「右カラム無視」への対策

Webユーザーは、情報過負荷へ適応するため、重要でなさそう、あるいは広告のように見えるエリアから注意をそらすように自分たちを訓練してきた。しかし、サイドバーは適切にデザインすれば、コンテンツを発見しやすくし、ユーザビリティをうまく向上させることができる。 (2013年12月17日)

「クロスチャネルなユーザーエクスペリエンス: 一貫性」の記事画像

クロスチャネルなユーザーエクスペリエンス: 一貫性

チャネルを問わず一貫したユーザーエクスペリエンス(UX)は、チャネルをまたいだ体験をユーザブルにする4要件のうちの1つである。チャネル間の一貫性は、顧客との信頼関係を築く助けになるからである。 (2013年12月11日)

「iOS 7のユーザーエクスペリエンス評価」の記事画像

iOS 7のユーザーエクスペリエンス評価

フラットデザインは行動のきっかけとなる要素を見えなくしている。また、周辺部付近でのスワイプは、カルーセルやスクロールに干渉する可能性がある。 (2013年12月2日)