ニールセン博士のAlertbox

「効率を期待より優先してはならない」の記事画像

効率を期待より優先してはならない

ステップを削減することでユーザーの効率を上げようとする機能は、過去の経験に基づく既存のメンタルモデルや期待に合わない場合、結果的にユーザーに害をなすこともある。 (2015年8月7日)

「モバイルデバイスにおけるアコーディオンUI」の記事画像

モバイルデバイスにおけるアコーディオンUI

アコーディオンはモバイルのスペースを節約するが、方向感覚を失わせたり、大量スクロールの要因にもなる。しかし、簡単なデザイン修正で、このUI要素のユーザビリティは改善できる。 (2015年7月21日)

「Apple Watchのユーザーエクスペリエンス評価」の記事画像

Apple Watchのユーザーエクスペリエンス評価

スマートウォッチアプリは、ナビゲーション要素よりもジェスチャーに頼り、不可欠なものを優先し、ハンドオフをサポートし、目的に適合した、単独で用をなすコンテンツを作り出す必要がある。 (2015年6月22日)

「モバイルユーザーエクスペリエンス:制約と長所」の記事画像

モバイルユーザーエクスペリエンス:制約と長所

モバイル機器であるスマートフォンには、小さな画面や短いセッション、一度に見られるウィンドウが1つだけ、一定でない接続環境、といったもともとの制約がある。しかし、そうした特徴の中にはスマートフォンでしかできないことを与えることもある。モバイルデザインの原則は、こうした制約や長所を反映したものである。 (2015年5月18日)

「青色リンクのその先に: クリック可能なものは見てわかるようにしよう」の記事画像

青色リンクのその先に: クリック可能なものは見てわかるようにしよう

フラットデザインか否かにかかわらず、インタラクティブな要素は、クリック可能とわかる十分な手がかりを提供する必要がある。枠線、色、サイズ、一貫性、配置や、Web標準の遵守といった手がかりによってクリックできることを伝えれば、インタラクティブな要素の外観はそれにふさわしいものとなる。 (2015年5月11日)

「モバイルユーザーエクスペリエンスの現状」の記事画像

モバイルユーザーエクスペリエンスの現状

モバイルユーザビリティについての最新の調査から、モバイルのUXが改善していることが明らかになった。レスポンシブデザインの流行の影響により、サイトやアプリでUI要素よりコンテンツが重視されるようになり、重要なコンテンツや機能がモバイルにも取り入れられるようになってきている。 (2015年4月20日)