アンチパターン

情報アーキテクチャの間違い・トップ10

ニールセン博士のAlertbox (2009年5月11日)

ウェブサイトは、その構造とナビゲーションシステムとが互いに支え合っていなければならない。検索システムとも結びついていなければならない。サブサイトに至るまで一体化していなければならない。複雑で、一貫性が無く、選択肢が隠れていて、UIが扱いにくければ、ユーザーは必要なものを見つけられない。 [記事全文

このキーワードについて

ここでは、Webやアプリのユーザインタフェース(UI)デザインにおける間違いに関する記事を集めている。

関連キーワード: デザインパターンWebデザイン

アプリケーションデザインの間違い・トップ10

ニールセン博士のAlertbox (2008年2月19日)

ユーザーがユーザインタフェース(UI)の操作方法を知ること、UIが操作の流れを的確に導くこと、共に実現されればアプリケーションのユーザビリティは上がる。しかし、ガイドラインを守らなければ、どちらも実現は難しい。 [記事全文

映画の中のユーザビリティ間違い・トップ10

ニールセン博士のAlertbox (2006年12月18日)

映画の中のユーザインタフェース(UI)は、現実のそれよりもエキサイティングで、ヒーローたちは、なじみのないシステムを現実よりも遙かに簡単に使いこなしてしまう。 [記事全文

2005年 Webデザインの間違い・トップ10

ニールセン博士のAlertbox (2005年10月3日)

2005年、ユーザをうんざりさせてきたWebデザインの間違いをリストアップしてみると、古くから言われているものがランクイン。悪さをし続けていることがわかった。 [記事全文

2003年 Webデザインの間違い・トップ10

ニールセン博士のAlertbox (2003年12月25日)

ミニマリスト・デザインの採用、アーカイブの維持管理、包括的なサービス提供といった面では改善が見られた。しかし、一連の進歩にともなって、それ自体がユーザビリティ上の問題を生んでいる。そのうちのいくつかは、2003 年に目立った間違いとなって現れている。 [記事全文

2002年 Webデザインの間違い・トップ10

ニールセン博士のAlertbox (2002年12月23日)

毎年、新しい間違いが出てくる。2002 年のWebデザインにおける最悪の間違いのいくつかは、Eメールの統合のまずさに関係するものだった。だが、ナンバーワンは価格情報の欠落だ。融通の利かない検索エンジンがこれに続く。 [記事全文

新・Webデザインの間違い・トップ10

ニールセン博士のAlertbox (1999年5月30日)

1996 年に私が指摘したデザイン上の間違い『トップ10』は、今なおWebの使いやすさに悪影響を及ぼしており、現に多くのWebサイト上に散見される。その意味では、この 3 年で、あまりたいした変化はなかったとも言えるだろ… [記事全文

Webデザインの間違い・トップ10-違反者は誰?

ニールセン博士のAlertbox (1999年5月16日)

前回のAlertboxでは、私が3年前に書いた「Webデザインの間違い・トップ10」を取り上げ、この3年間のWeb技術、およびユーザビリティの進歩という観点から再評価してみた。私の結論はこうだ。10カ条の間違いは、今なお… [記事全文

あれから3年、『間違い・トップ10』を再検証

ニールセン博士のAlertbox (1999年5月2日)

1996 年 5 月の私の記事、『ウェブデザインの間違いトップ10』は、あれから3年経った今でも、驚くほど意義を失っていない。この記事は、ウェブ界のちょっとした古典となり、今までに約40万ページビューを獲得している。いま… [記事全文