調査・分析手法

UXプロトタイプ:低忠実度か高忠実度か

ニールセン博士のAlertbox (4月10日)

クリック可能か静的か。Axureかペーパーか。だが、利用するプロトタイピングツールが何であれ、有効なユーザー調査のためにユーザーインタフェースのプロトタイプを作成するときのヒントは同じである。 [記事全文

このキーワードについて

詳細は、イードの「ユーザビリティ関連の調査・分析手法のページ」をご覧ください。
関連キーワード: アイトラッキングエスノグラフィ定量調査反復デザインユーザー調査ユーザビリティテスト

経験想起法

黒須教授のユーザ工学講義 (2月1日)

以前に開発したUX Graphには、時間経過とともに曖昧になる人間の記憶に基いた主観評価値を、グラフの形に描いていいかという疑問があった。そこで思い切ってグラフを削除した経験想起法を提唱するに至った。 [記事全文

カスタマージャーニーマップは、いつどのように作るべきか

ニールセン博士のAlertbox (2016年11月17日)

カスタマージャーニーマップとは、物語と視覚化という2つの強力なツールを組み合わせることで、開発チームが顧客のニーズを理解して、対処できるようにしたものである。コンテキストやビジネスゴールによって、マップの取るかたちはさまざまだが、そこにはある決まった要素が一般に含まれている。また、根本になるガイドラインがあり、そうしたガイドラインに従うことで、もっともうまくいく。 [記事全文

A/Bテストについて思うこと

黒須教授のユーザ工学講義 (2016年7月12日)

A/Bテストについて二つの観点から触れておきたい。一つは「A/Bテストに仮説検定は向かない」という考え方は不適切だということ。もう一つは「良い」方を選ぶことを繰り返すうちに、全体の整合性がとれなくなってしまうことが起こりうるということである。 [記事全文

アイコンのユーザビリティテスト

ニールセン博士のAlertbox (2016年5月17日)

ユーザーがアイコンの意味や目的をきちんと理解できるように、製品開発サイクルのさまざまなステージで複数の種類のテストを実施しよう。 [記事全文

問題指向・不満指向のアプローチ

黒須教授のユーザ工学講義 (2016年2月5日)

問題点や不満足なことは、ユーザが実際に製品やサービスを利用して見出される。ユーザ調査では、ユーザが、どう目標を達成しようとして、どんな人工物を利用し、どんな形で問題解決を行っているか、ということが基本になるべきだ。 [記事全文

UIの操作性を検証するだけではもったいない: (1)最初にユーザビリティテストを薦めるわけ

UXリサーチ (2015年12月9日)

私たちは日頃からウェブサイトやアプリ、形ある製品など、様々なUIやUXの改善業務に従事していますが、そんな中での気づきを紹介します。今回は、UIやUXの改善を思い立った時に、まずはユーザビリティテストの実施をお薦めしたい、というお話です。 [記事全文