ニールセン博士のAlertbox

「eコマース検索の現状」の記事画像

eコマース検索の現状

eコマースの検索ツールは、過去に比べて、見つけやすく、関連度の高い結果が返ってくるようになった。そして、検索空間でのユーザーの道案内にはオートサジェストやファセットが利用されている。 (2月19日)

このコラムについて

Webユーザビリティについて、その第一人者・ヤコブ・ニールセン博士(略歴)ら米Nielsen Norman Groupのメンバーが実例を交えて洞察するコラム『Alertbox』。その日本語訳を許可を得て公開しています。

本家Alertboxにて“Most Popular”としてピックアップされている記事は、「Alertboxのおすすめ記事」としてまとめています。

「ネットショッピングの新たなUX: ユーザーが抱く期待の変化」の記事画像

ネットショッピングの新たなUX: ユーザーが抱く期待の変化

現在のネットショッピング客は、迅速な配送・購入の選択肢があること、実店舗とWeb間の移行がシームレスであること、提供される情報が正確でタイムリーであること、豊かなエクスペリエンスが物理的な世界にも引き継がれることを期待している。 (1月9日)

「被験者間と被験者内の実験計画」の記事画像

被験者間と被験者内の実験計画

ユーザーに参加してもらう調査において、グループ間計画は学習効果を軽減する。一方、反復測定計画を用いれば、必要な参加者を少なくして、ランダムノイズを最小限に抑えられる。 (2018年11月13日)

「定量的なユーザー調査手法:概要」の記事画像

定量的なユーザー調査手法:概要

製品のユーザーエクスペリエンスについての数値データが必要なのに、何から始めたらよいのかわからない、ということはないだろうか。まず必要なのは正しいツールを選ぶことだ。最もよく使われている定量的手法のリストを確認しよう。 (2018年10月29日)

「UXの2つのへだたり:評価と実行」の記事画像

UXの2つのへだたり:評価と実行

ユーザーはインタラクションのたびに、2つの課題、システムの現在の状態を理解すること、そして、それをどうしたら変更できるかを見つけること、という課題を乗り越えなければならない。デザイナーは、こうしたへだたりを認識して、わかりやすい概念モデルによってそれらに橋をかけることで、ユーザーを支援することができる。 (2018年10月2日)

「UXエキスパートレビュー」の記事画像

UXエキスパートレビュー

エキスパートレビューとは、ユーザビリティの問題や長所を特定することを目的として、UXエキスパートがおこなうデザイン分析のことである。 (2018年9月20日)

Top