「Nigel Bevanの死」の記事画像

Nigel Bevanの死

黒須教授のユーザ工学講義 (6月11日)

Nigelが亡くなったとの知らせが届いた。Nigelは、ISOの活動において、ISO 9241-210の標準化や、ISO 9241-11の改定作業をはじめ沢山の規格に関係していたし、ISO/IEC 25010などの作業にも深く関係してきていた。ともかく、今はusabilityやUX、そしてHCDに対して大きな貢献をしてくれた彼の冥福を祈りたい。

「音声ファーストはインタラクションの未来か」の記事画像

音声ファーストはインタラクションの未来か

ニールセン博士のAlertbox (6月5日)

画面もあるが音声を第一の入力手段として用いるデバイスは、ユーザーエクスペリエンスをさらに統合された、有益で全体的なものにする方法を示してくれる。

「いま、HCIに必要な、問題解決型アプローチ」の記事画像

いま、HCIに必要な、問題解決型アプローチ

黒須教授のユーザ工学講義 (4月25日)

UXという概念が広く使われるようになり、ユーザビリティは地味くさくて古いキーワードだ、といった見方が強まってしまった結果が、現在の状況である。しかし、HI研究にいま一番求められているのは、ユーザビリティの問題を見つけ、あるいは予見し、それを解決しようと努力することだと思う。

「遠いところにいるユーザ」の記事画像

遠いところにいるユーザ

黒須教授のユーザ工学講義 (4月12日)

ユーザ調査では実際のユーザの協力が必要である。特に、製品やサービスの実ユーザを特定して行う、開発後のユーザ調査(UX評価)で得られる情報は大変貴重で、本当のUXの情報とみなすことができ、そこから、開発のための貴重な知見を得ることができるものである。

「定量的ユーザビリティテストと定性的ユーザビリティテスト」の記事画像

定量的ユーザビリティテストと定性的ユーザビリティテスト

ニールセン博士のAlertbox (3月5日)

相互補完型のユーザー調査である両者は、反復デザインのサイクルで重要な役割を果たす。定性的な調査は、デザインプロセスに情報提供をする。一方、定量的な調査は、ベンチマークプログラムやROI算出のための基礎となる。