“モバイルファースト”は“モバイル専用”ではない

ニールセン博士のAlertbox (2016年10月19日)

デスクトップのナビゲーションをモバイルのデザインパターンにすると、ナビゲーションがユーザブルでなくなるし、この重要なUI要素の利用が減ってしまう。UIをそのままの形で異なるプラットフォームに移植すると、UXが損なわれるからである。 [記事全文

交通機関のサービスのUCD

黒須教授のユーザ工学講義 (2016年10月11日)

交通機関はすべての社会構成員に関係するものであり、その公共性の視点に立ったUCD的な配慮や改善が求められる。今回は交通機関が提供しているサービス機能のうち、ICカード乗車券による入場の問題を取り上げる。 [記事全文

タブの正しい使い方

ニールセン博士のAlertbox (2016年10月3日)

以下のタブコントロールに関する12のデザインガイドラインに従い、タブをサイトのナビゲーションと区別し、また、ユーザーが自信を持って、タブをクリックできるようにしよう。 [記事全文

“プロパイロット”自動運転技術レベルの理解、4割程度

定量アンケート調査 (2016年9月30日)

イード・日本自動車ユーザー研究所では、自動運転技術「プロパイロット」についての一般の自動車ユーザーの認知・理解度を把握するとともに、現状レベルの自動運転と将来的な完全自動運転に対する利用意向を理解することを目的として、調査を実施しました。 [記事全文

コンピュータに恥をかかされるということ

ニールセン博士のAlertbox (2016年9月20日)

コンピュータシステムは我々を不快にしてはならない。しかし実際には、不快な思いをさせられることは珍しくない。コンテキストを考慮するユーザビリティ手法は、そのようなユーザーエクスペリエンス上の社会的欠陥を発見することの助けになるだろう。 [記事全文

企業における理論家の役割

黒須教授のユーザ工学講義 (2016年8月25日)

理論家は、企業活動においてはその生産活動に関与することが必要で、理論を実践に活かし、また実践での経験を理論に抽象化して欲しいと思う。ウェブ構築においても、実際にプロジェクトチームの活動に随時参加して、実践に組み込む必要があるだろう。 [記事全文